Sponsored Contents

breaking newsの最新記事

Image credit:
Save

速報:HYBRID W-ZERO3は1月28日発売、専用料金プランは月額1450円から

Haruka Ueda
2009年12月17日, 午後02:10 in Breaking News
7シェア
0
0
0
7

連載

注目記事

新Mac miniはついに今秋? 11型iPad Proを含めた多数製品を有力アナリストが予測

新Mac miniはついに今秋? 11型iPad Proを含めた多数製品を有力アナリストが予測

View


ハードウェア仕様
だけが先に公開されていたウィルコムの新スマートフォン HYBRID W-ZERO3の発売日・端末料金・料金プランが発表になりました。

まず、発売日は来年1月28日(木)となりました。二週間前の1月14日から各地のウィルコムプラザ、オンラインのウィルコムストアなどで予約受付も開始されます。

続いて端末価格。24回分割払いのW-VALUE SELECTの場合、新規契約・機種変更ともに1480円/月と発表されました。正確には端末価格が6万9840円(2910円×24か月)、W-VALUE割引が3万4320円(1430円×24か月)、実質負担は3万5520円(1480円×24か月)。各所の開発者インタビューなどでこれまでより高くなる高くなると繰り返されていましたが、WILLCOM 03と比べても驚くような値段にはなりませんでした。

最後に料金プラン。ハイブリッドの名前のとおりドコモ網も利用することからどのような値段設定になるのか注目されていましたが、専用の「ウィルコム定額プランG」は月額1450円、3Gデータ通信料金は0円スタートの上限5250円となりました。上限はPC接続時も同じ。電話をせずに3Gデータ通信の上限に達した場合、1450円+5250円=6700円という月額負担になります。さすがに通常の「ウィルコム定額プラン」(2900円+2800円)よりは高いものの、同社のデータ通信プランやドコモの定額データプランとはねじれ現象が起きまくっている気がしないでもありません。通話料金はウィルコム相手ならもちろん無料、それ以外は21円/30秒。

なお、PHSのデータ通信にはまた別途料金が必要です。こちらは0円スタートの上限2800円。ただしメールについては無料。3GとPHSの両方を使うと高くなる、PHSだけを使えばお得なプランになる、と言えます。また「ウィルコム定額プランG」は契約から3年以内に解約・コース変更を行った場合、5775円の違約金が必要になります。

ウィルコムによれば、今後さらに発売キャンペーンを実施するとのことです。
7シェア
0
0
0
7

Sponsored Contents