Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Google、量子コンピューティング分野でD-Wave社と協業

Haruka Ueda
2009年12月21日, 午後06:00 in D-Wave
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


D-Wave Systemというカナダの企業があります。断熱量子コンピューティングを研究・開発するベンチャー企業で、量子コンピュータへの期待を引き受けるようにすでに多くのファンドを獲得中。2007年には数独パズルを解くなどして「世界初の実行可能な商用量子コンピュータ完成」を謳いましたが、コンピュータを名乗るには規模がまだまだ小さすぎるのでは、そもそも本当に量子コンピュータが用いられたのか、などといった専門家の論証にまだ十分答えられていないのが現状です。

しかしそんなD-Wave社に強力なパートナーが現れました。その名もGoogle、です。Googleいわく、同社はすでに3年以上も量子コンピュータを研究しており、画像中の物体認識などへの活用を検討しています。そしてこの研究をハードウェア面で支えるのがD-Wave社、という流れ。Googleのハードウェアといえば高度なネットスラング辞書の生成能力などで知られていますが、量子コンピュータを用いればいわゆる「最適化問題」の解法が従来より高品質になる、ということです。

そもそも量子コンピュータになんの強みがあるのかというと、例えば量子計算分野にはグローバーのアルゴリズムというものがあり、100万個の引き出しに1つだけボールが入っていた場合、ふつうは平均50万回引き出しを開けて探すことになりますが、量子コンピュータでは1000回開けるだけで済む......とGoogleは例に挙げて説明しています。

「量子力学を理解している人間はいない」というファインマンの言葉に従って不用意な説明は避けますが、リンク先ではGoogle直々の論文も公開されていますので、さらに詳しく知りたい方はどうぞ。

[via ars technica]



夏だ!フリマだ!エンガジェ祭だ! 8月10日、11日無料イベントを開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents