Sponsored Contents

ideapadの最新記事

Image credit:
Save

IdeaPad U1 Hybrid登場、ディスプレイ取り外しでLinuxタブレット化

Haruka Ueda
2010年1月5日, 午後01:25 in Ideapad
4シェア
0
0
0
4

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

CESに合わせたレノボの新機種発表はThinkPadだけでは終わりませんでした。同社が新機種 IdeaPad U1 Hybridを発表したと、LAPTOP Magazineが報じています。最大の特徴はその分離・合体構造。一見したところ小型のノートPCながら、写真のとおりディスプレイを取り外すことでタブレットPCとしても利用できます。

ノートPCとして見ると、仕様は11.6型マルチタッチディスプレイ(1366 x 768解像度)、Core 2 Duo SUプロセッサ、4GBメモリ、128GB SSD、130万画素ウェブカメラ、4in1メモリカードリーダといったところ。ポートはUSB x 2、eSATA、VGA、HDMI。内蔵バッテリーで8時間動作。OSはWindows 7 Home Premiumです。

面白くなってくるのはここから。タブレット端末として利用する場合、OSはSkylight Linuxになり、Snapdragonプロセッサで動作します。つまりディスプレイを取り外すとプロセッサもOSも変わる仕組み。まさにハイブリッド。さらにメモリは512MB、SSDは16GBに。内蔵バッテリーで6時間動作します。

両OS間でのデータのやりとり方法や、Skylight Linuxの完成度など気になる点はありますが、まずはこれまで不思議ノートを多数輩出してきたThinkPadの系譜がここに引き継がれたことを喜ぶべきでしょうか。3Gモデムも内蔵して、予定価格は999ドル。発売は6月1日の予定です。

Gallery: Lenovo IdeaPad U1 Hybrid | 5 Photos

5




CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
4シェア
0
0
0
4

Sponsored Contents