Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

「GoogleのNexus Oneは知財権侵害」(ディックの遺族談)

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年1月7日, 午前06:15 in Google
8シェア
0
6
0
2

連載

注目記事

人気記事

リリース前のiOS 12とmacOS 10.14端末が活発な動き?米サイトでアクセス急増との報告

リリース前のiOS 12とmacOS 10.14端末が活発な動き?米サイトでアクセス急増との報告

Kiyoshi Tane, 9 時間前
View

Google、「NEXUS ONE」を商標登録。ディックの遺族は不服」の続き。フィリップ・K・ディックの小説「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」に登場するアンドロイドの機種名「Nexus 6」にちなんでいると思われる「Nexus One」をGoogleがスマートフォンの商標として登録したことについて、遺族が「聞いてないよ!」と憤慨したというお話でしたが、事態はもう少しややこしくなりそうです。Wall Street Journalの続報によると、ディックの娘で遺産管理団体 Electric Shepherd Productionsの代表を務める Isa Dick Hackettのコメントは「(Googleの行為は) 明確な知的財産権の侵害であると考えている」「われわれの法務チームはこの問題に正面から取り組んでいる」。

ただ取り組んではいるらしいものの、具体的にどのような手を打ったのか・打つのかについては不明。一方のGoogleはコメントを拒否しています。おなじハイエンドAndroid携帯であるモトローラDROIDがルーカスからライセンスを得ていることはよく話題に上りますが、スターウォーズ関連商品ですでに商標登録されていたDroidと違い、Electric Shepherd Productions側はネクサス(シリーズ)の商標を取得していなかったという違いがあります。また「ネクサス1型」は作中で登場も言及もされておらず、Nexus Oneという携帯電話を見てディック作品がどの程度連想されるか・誤解を招くかも微妙なところ。遺族側が本気で事を起こすつもりなのか、運が良ければライセンス契約をとれると考えているだけなのかはさらに続報を待つ必要がありそうです。

[via daring fireball]
8シェア
0
6
0
2

Sponsored Contents