Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

動画:ラップトップ持ち込み禁止の講義で禁を破るとどうなるか、オクラホマ大教授が実演

kentaro
2010年2月22日, 午前10:40
8シェア
0
1
0
7

連載

注目記事



学生の皆さん、来学期になったら校則や履修要項にもう一度目を通してください。もし「ノートパソコン持ち込み禁止」の文字があったら、罰則規定がないかどうか調べておいた方が賢明です。さもないと愛機が上の写真のような目にあうどころが、もっとひどい処罰を受ける可能性があります。

上の写真で学生のラップトップを液体窒素漬けにしているのは、オクラホマ大の Kieran Mullen 教授。彼の物理学の講義では、講義中のガジェット類の使用は厳禁。もしそれを守れないとどうなるかを、教授はどこかから液体窒素を持ち出してきて、実演を開始。「これはただの液体窒素だから、これだけじゃコンピュータは壊れない。だけどこうすると!」と教授がとった行動は...衝撃の映像は続きに掲載。

この映像で壊されたラップトップが、取り上げた学生の私物なのかデモンストレーション目的でどこかから調達してきたものかは定かではありませんが、次第に笑い声が消えていくこの映像を見ると、規則を守らないとどんな憂き目にあうか、学生達は深く理解したものと思われます。

追記:
ビデオの説明によると、あくまでもデモンストレーションであったとのこと。ついでに老婆心ながら申し添えると、バッテリーを装着したままの冷凍⇒破壊は非常に危険です。また、密閉された室内での液体窒素の使用は禁物ですので、ご注意を。

[Thanks, studentatOU]



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

8シェア
0
1
0
7

Sponsored Contents