Sponsored Contents

windows mobileの最新記事

Image credit:
Save

Windows Phone 6 Starterエディションが登場へ、6.5系を継承?

Haruka Ueda
2010年3月1日, 午後03:30 in Windows Mobile
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View
iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View


マイクロソフト製品はとかくSKU構成が 複雑になりがち 多様性に富んでいますが、Windows Phoneも例外ではなかったようです。規格一新となったWindows Phone 7 Seriesに続き、今度はWindows Phone 6 Starter Editionなるものが登場することが明らかになりました。Windows 7 Starter同様、基本的には新興国向けの位置付け。ただし特定メーカー限定ではなく、全パートナーに提供されます。対応製品は年内にも登場する予定。

さらにZDnetがマイクロソフトの広報担当に尋ねたところによれば、同エディションの中にはOffice Mobile同梱バージョンと同梱しないバージョンの二種類が存在するとのこと。同梱されるOffice Mobileは現行バージョンですが、Office Mobile 2010の完成次第そちらに切り替わる予定です。また通信形式は2G(GSM)、2.5G(CDMA2000 xRTT / EDGE / GPRS)、CDMA(Rev A / EV-DO Revision A)、TD-SCDMAのみのサポートで、いわゆる3G(W-CDMA / HSDPA)の記述はありません。

現行Office Mobileを使いまわすあたり、ようするにWindows Mobile 6.5(あるいはその改変バージョン)がWindows Phone 6 Starterになるということか? という質問もありましたが、広報はこれをスルー。Windows Mobile 6.5についてはWindows Phone Classicに改称されるという噂もあり、ClassicとStarterが同じものなのか別物なのかも不明です。先日3年契約をはじめたばかりの方々のためにも、Windows Mobile 6.5がどうこの先生きのこるか、道筋を明らかにして欲しいものです。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0

Sponsored Contents