Sponsored Contents

docomoの最新記事

Image credit:
Save

docomo IDが第三者にも開放、端末固有番号とひもづけも可能に

Haruka Ueda
2010年3月10日, 午後04:00 in Docomo
21シェア
0
0
0
21

連載

注目記事

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

2018年の新型iPhone、いよいよカウントダウン?EECデータベースに新たな登録

Kiyoshi Tane, 18 時間前
View


NTTドコモが、自社サービス向けユーザID「docomo ID」の利用を他社にも開放しました。これから登場するであろう対応サービスでは、docomo IDを持つユーザはサービスごとにアカウントを作成することなく利用できるようになります。サービス側から見れば、ユーザから飛んできたdocomo IDの認証をドコモに代行してもらうかたち。技術的には流行っているのか流行っていないのか今ひとつつかめないOpenIDが用いられています。

すでにケータイWebの世界では、iモードIDなど端末固有IDを利用することで「ID・パスワード不要!」でのサービス利用が提供されてきたのはご存知のとおり。今後はPC向けWebの世界においても、docomo IDによるID一本化を狙うかまえです。ちなみにドコモのクレジット決済サービス「iD」とは偶然名前がほぼ同じだけで無関係。

OpenID活用サービスは他にもありますが、docomo IDでとても面白いのは、利用した場合にそのIDに紐づいたiモードID(いわゆる端末固有番号)も配信されることです。例えばユーザはPCで見つけた面白い情報をワンクリックでケータイに送るということが可能になりますし、サービス事業者は会員向けにPCとケータイの両方のウェブ閲覧動向から最適な広告を配信するといったことが可能になります。ケータイとPCのひもづけができないというのは広告企業を中心としたウェブ界隈長年の悩みでしたが、iモードIDを中心としたソリューションが生まれそうです。

なんだかガラパゴスというよりはイースタシアというふんいきではありますが、IDをひとつにまとめたくないという方はOpenIDでのログインを「利用しない」設定にすることもできます。一方「docomo ID? なにそれ?」という人達は、その存在も知らぬままに色々な情報が紐づけられていくことになりそう。ちなみに「日本のインターネットが終了する日」などの著述で知られるセキュリティ専門家・高木浩光氏のコメントは「最悪な展開の悪寒

Read - 公式サイト
Read - 仕様書(PDF、なぜかNTT DOCOMO Confidentialあつかい)
21シェア
0
0
0
21

Sponsored Contents