Sponsored Contents

microsoftの最新記事

Image credit:
Save

動画:Windows Phone 7シリーズは 30代"リア充"男女向け

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年3月23日, 午後02:01 in Microsoft
1シェア
0
1,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View


生まれ変わったUIコピペ非対応が話題を集めた MIX10 Windows Phone 7 Series 関連セッションより。携帯電話プラットフォームの立て直しにあたり、マイクロソフトは技術やデザインだけでなくWindows Phone 7 シリーズの存在意義や対象ユーザーについても改めて説明しています。上は妙に克明な設定のついた典型的対象ユーザー「Anna」と「Miles」。

いわく、アンナとマイルズはともに38歳で子育て中の夫婦。妻も夫もプロフェッショナルとしてやりがいのある忙しい職業に就いており、仕事と家庭、友人と、そして自分の時間を楽しむタイプ。さらに「アンナは子育てのためにPR企業での仕事をフルタイムからパートタイムに変更した」「マイルズは写真が好きで、Facebookに載せて欧州にいる両親に見せている」etcのディテールつき。

マイクロソフトは Windows Phone 7 シリーズの対象を「Life Maximizers」と呼び、かれらの生活をさらに充実させる道具として携帯電話を位置づけています。マイクロソフトによる"Life Maximizers"の定義は「プライベートも仕事も多忙」「充実した活動的な生活を送っている」「探し求めるより、落ち着いている」「優先事項を両立させてこなす」「テクノロジーは目的を達するための手段として評価する」。アナとマイルズ夫妻はこのLife Maximizers の具体例として設定されたユーザー像。この2人と共通する層だけを対象にするというよりは、かれらを満足させる製品ならばほかの大多数のユーザーにも受け入れられるであろう、との説明です。(下に続き+CM動画を掲載)。



さて、この「Life Maximizers」に対応しなくもない日本語を無理に探すならば、リアルな生活( Life) を充実させている(Maximize) ユーザー、すなわち「リア充」。たしかにそうしたユーザーであれば、コ ピペがないことそのものを致命的な欠陥と嘆くより、MSいわく「ほとんどの場合は」1タップで目的を遂げられるスマートリンクのほうが便利と評価することは理解できます。またMSの定義を裏返せば、「プライベートも仕事も暇で、物足りず退屈な日々を過ごし、落ち着くよすがを求め、優先順位に悩むほどやることもなく、テクノロジーそのものを目的として愛好する ユーザー」に近い層からの反発も無理からぬところ。

新発表で明確に否定された「手のひらサイズPC」としての出自を持つ従来のWindows Mobileは、法人向けの事情などからレガシーを半端に引きずったこともあり、結果的に「一般人には敷居が高いけれど "スキル"さえあれば魅力的」「アプリ追加や設定だけでなくレジストリ書き換え、DLL置き換えまでカスタマイズが楽しめる」など、特にメーカーが望んだ わけではない点を評価する固定ユーザーが多い事情がありました。マイクロソフトとしてはそうしたいわゆるホビーユーザー的な層は優先ではなく(というより むしろ敬して遠ざけつつ)、生活密着かつ先進的な製品として多数派を狙う構えです。下は Annaの登場するWindows Phone 7 Series プロモーション動画。

Microsoft's new Windows Phone 7 Series ad

こちらは 上のCMにかなりインスピレーションを与えたと思われるPalm Pre / webOSのコマーシャル。新生Palm も女性をターゲットにした広告を展開しSNS統合を売りにするなど、一般層に使える携帯として売り込んでいます。ただ、 webOSはユーザーアプリマルチタスクやテキストのコピペに最初から対応。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

1シェア
0
1,"likes":0
0

Sponsored Contents