Sponsored Contents

alphaの最新記事

Image credit:
Save

ソニー NEX-5 / NEX-3正式発表、世界最小レンズ交換式デジカメ

Haruka Ueda
2010年5月11日, 午後02:00 in Alpha
9シェア
0
0
0
9

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View

ソニーのレフなしα NEX-5 / NEX-3がうわさどおり正式発表されました。APS-Cサイズの大型センサを持ったレンズ交換式デジタルカメラで、ひらたく言えばソニーによるマイクロフォーサーズ対抗機。マイクロフォーサーズ勢より大きなセンサを備えつつ、レンズがはみでるほどボディはコンパクトになっており、特に上位機種のNEX-5はレンズ交換式カメラボディとして世界最小・最軽量を謳っています。

両機種とも主な仕様は同じで、1420万画素の"Exmor" APS HDセンサ、画像処理エンジンBIONZ、TruBlackディスプレイ採用・チルト稼動式「エクストラファイン」ワイド3型モニタ、メモリースティックDuo / SDXC対応スロットなど。最高感度はISO12800、連写は最高7コマ/秒。ハイダナミックレンジ写真を自動合成するオートHDR、パノラマ写真を自動合成するスイングパノラマなど、αシリーズから継承した機能も備えています。特にスイングパノラマは7月中旬予定のファームアップデートで3D撮影にも対応の予定。3D対応テレビと繋いで3D写真を観賞することができます。そのほか撮影アドバイス機能、背景ぼかしコントロール機能など。

一方、両機種の違いは動画撮影機能。NEX-3はMP4形式(MPEG4 Visual, AAC-LC)1280 x 720/30pのハイビジョンどまりですが、NEX-5はAVCHD形式1920 x 1080/60iのフルハイビジョン、MP4形式1440 x 1080/30pに対応します。面白いことにαシリーズの動画撮影対応は両機種がはじめて。またNEX-5はボディにマグネシウム合金を採用しており、NEX-3より小型化・軽量化。具体的にはNEX-5が110.8 × 58.8 × 24.2 - 38.2mm・287g、NEX-3が117.2 × 62.6 × 25.4 - 33.4mm・297gです。

レンズ蒐集家にうれしいお知らせとしては、両機種はαシリーズの一員でありつつ、レンズマウントに新開発のEマウントを採用しています。同梱レンズは16mm F2.8パンケーキレンズ(35mm換算で24mm)か18-55mm F3.5-5.6 OSSズームレンズ(35mm換算で27-82.5mm)、あるいはその両方。ちなみにOSS(Optical Steady Shot)はソニー用語で光学式手ブレ補正機能の意味で、16mmパンケーキは手ブレ補正なしです。

予想価格はNEX-5とパンケーキのキットが8万円、ズームレンズとのキットが8万5000円、ダブルレンズキットが9万5000円。NEX-3はパンケーキのキットが6万5000円、ズームレンズとのキットが7万円、ダブルレンズキットが8万円。発売日はNEX-5が6月3日、NEX-3が6月10日。カラーはNEX-5(写真)がシルバーとブラック、NEX-3はホワイト / レッド / ブラックとソニースタイル限定のシルバー。

オプションでは、まず秋に18-200mm F3.5-6.3 OSSという11倍ズームレンズも登場の予定。もちろん従来のαレンズ(Aマウント)利用者のためにマウントアダプターも発売されます。こちらは6月3日発売、価格は2万1000円。そのほかステレオマイク(6月3日発売・1万2600円)、フィッシュアイコンバータ(6月3日発売・1万5750円)、16mmレンズ専用のウルトラワイドコンバータ(秋発売予定・1万3650円)、16mmレンズ専用(え?)の光学ビューファインダ(6月24日発売・2万3100円)など。続きには公式動画を掲載しています。



関連キーワード: alpha, nex-3, nex-5, sony
9シェア
0
0
0
9

Sponsored Contents