Sponsored Contents

oledの最新記事

Image credit:
Save

ソニー、曲率半径4mmに巻きとれる有機ELディスプレイを試作

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年5月26日, 午後02:23 in Oled
6シェア
0
1
0
5

連載

注目記事

人気記事

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

View

柔軟性のあるディスプレイの技術デモはそれほどめずらしいものでもなくなりましたが、ソニーがなにやら強烈なインパクトのフレキシブル有機ELディスプレイを公開しました。続きに掲載した動画は新開発の有機TFTを用いた「巻きとれる有機ELディスプレイ」のデモ。フルカラー動画を表示したまま、「ペンほどの太さ」(曲率半径 4mm)に巻きとる・引き伸ばすを繰り返しています。

試作ディスプレイの仕様は 対角 4.1インチ、432 x 240 (x RGB) の121ppi。パネルの厚みは80μm。発表によれば、今回の新技術のポイントは独自の有機半導体 PXX誘導体を用いた高性能有機 TFT。ペンタセンを用いた従来の有機TFTに対して 約8倍(当社比)の駆動力を備えることで、回路の小型化と 世界最高という121ppi の高精細を実現しています (有機TFT駆動有機ELディスプレイ試作において)。細く巻きとれるのは、ディスプレイを駆動する回路を従来のシリコンではなく、この新開発の有機TFTで「やわらかく」実装したため。

また有機TFT ・有機ELに使われる絶縁膜をすべて有機材料の塗布プロセスで形成することにより、柔軟性と同時に、従来の半導体製造プロセスよりも環境負荷が低く材料を無駄にしない製造工程につながることも期待できます。各社が発表している「ディスプレイを有機材料の印刷で生産すれば速くて大画面にもできて環境に優しい」というやつです。今回の発表はあくまで技術開発の段階であり、製品への導入時期については言及なし。夢の二つ折り一画面デバイスや巻物ディスプレイを早く実現してほしいものです。

関連キーワード: oled, sony
6シェア
0
1
0
5

Sponsored Contents