Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

東芝からSpursEngine採用の液晶一体型 dynabook Qosmio DX

Haruka Ueda
2010年6月21日, 午後04:30 in Dynabook Qosmio Dx
4シェア
0
0
0
4

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

東芝ノートPC 25周年記念モデル、最後はもはやノートですらなく同社にしては珍しい液晶一体型PCです。それでも名前はdynabook。dynabook Qosmio DX/98Mというのが正式な型番です。液晶は21.5型、1920x1080解像度。おなじみCELL技術を応用した画像処理エンジンSpursEngineをはじめ、Blu-rayドライブ、地デジチューナーなどを搭載したAV仕様です。CPUはCore i5-450M 2.4GHz、HDDは1TB 7200rpm、メモリは4GB。そのほか130万画素ウェブカメラ、IEEE802.11b/g/n WiFi、USB x 6、HDMI入力端子、D4映像入力端子など。付属キーボードとマウスはワイヤレスで、さらにリモコンも付属します。OSはWindows 7 Home Premium、32bit / 64bitの選択が可能。Office Home and Business 2010付き。発売は7月中旬、お値段は20万円くらいです。

Gallery: Toshiba dynabook Qosmio DX | 4 Photos

4




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

4シェア
0
0
0
4

Sponsored Contents