Sponsored Contents

exoskeletonの最新記事

Image credit:
Save

動画:ロッキード・マーチンの軍用強化外骨格 HULC、年末から評価試験へ

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年7月22日, 午前11:16 in Exoskeleton
8シェア
0
8
0
0

連載

注目記事


とうにフィクションではなくなっている軍用強化外骨格、あるいはパワーアシスト外骨格の話題。米軍向けに動力つき外骨格キャリア HULCを開発するロッキード・マーチンが、新たな資料と年末からの評価試験の計画を明らかにしました。HULC ( Human Universal Load Carrier )は燃料電池バックパックとモーター、腰から下肢に沿うチタン製のフレーム、および各関節の荷重やバランスを計測・計算するセンサー / プロセッサからなる荷役運搬用の外骨格システム。着用者の動きをトレースして支えることで、本体重量 約24kgに加えて200ポンド (約90kg) の荷物を運んでもほとんど負担なく歩けることを売りとしています。

特徴は着用者の関節の動きを妨げず、歩行だけでなく走ったりジャンプしたり、あるいは匍匐までが可能なこと。またすばやく着脱できること。プロジェクトマネージャのJim Ni 氏いわく、「高度6000フィートのアフガニスタン山岳地帯で、120ポンド (約55kg)の荷を運ぶことを命じられた兵士を想像してください。外骨格を装備すれば、同じ距離を運んでさらに作戦を遂行するだけの体力を残すことが可能です」。やや演出過多なデモ動画は続きをどうぞ。HULCは今年末から操作に慣れるまでの時間を計る評価試験を8週間にわたっておこない、来年には採用を目指してさらにフィールドテストを実施する見込み。パワーアシストスーツといえば、日本では福祉・介護やレスキュー、米俵担ぎやお姫様だっこに活躍するサイバーダイン HAL-5も有名です。






広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

8シェア
0
8
0
0

Sponsored Contents