Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Yahoo! JAPAN、Googleの検索エンジンを採用(更新:ヤフーが詳細発表)

Haruka Ueda
2010年7月27日, 午後03:00 in Google
19シェア
0
0
0
19

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View
Googleがヤフー株式会社へ検索技術をライセンス提供することを発表しました。Yahoo! JAPANはこれまで検索エンジンを独自開発していましたが、今後はGoogleベースのものへ移行することになります。昨年、米Yahoo!がマイクロソフトのBingを検索エンジンに採用することを発表し、つい先日には移行が始まったこともあって、Yahoo! JAPANでも同様にBingを採用するのでは、マイクロソフトの逆襲が日本でも始まるのか、という見方がありましたが、今回の連携により一転してYahoo! JAPAN + Googleという巨大連合の誕生となりました。

補足すると、Yahoo! JAPANが提供をうけるのはあくまでGoogleの検索エンジン。Yahoo!で検索したらGoogleに辿り着く、というようなことはなく、検索結果もGoogleと同一ではなくYahoo! JAPAN向けにカスタマイズされる予定です。かつてYahoo! JAPANはGoogleのエンジンを利用していましたので、元の鞘に収まったという見方もできます。

ただしそれだけで終わらないのが今回の発表の奥深いところ。まずYahoo! JAPANのオークション、ショッピング、知恵袋といったコンテンツが、Googleの検索結果に表示されるようになるとさらりと発表されています。またGoogleは検索連動型広告(アドワーズ)もヤフーへ提供するとのこと。日本一のポータルサイトと世界一の検索エンジンが結びついたわけで、その影響度合いを見極めるにはしばらく時間がかかりそうです。

追記:

ヤフーからも詳細なプレスリリースが発表されました。契約期間は「当初は2年契約」「Yahoo! JAPANが断らなければ自動的に2年延長」、移行タイミングは「なるべく早く」、超巨大連合になってしまう点については「事前に日本の公正取引委員会に相談をしており、問題なき旨を確認しております」など。情報満載です。
関連キーワード: google, yahoo, yahoo japan, YahooJapan
19シェア
0
0
0
19

Sponsored Contents