Sponsored Contents

boogie boardの最新記事

Image credit:
Save

電子メモパッド Boogie Board が KING JIMから発売、4980円

Haruka Ueda
2010年9月3日, 午後11:30 in Boogie Board
1シェア
0
1
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

「黒いせんせい」の異名でこれまで幾度かご案内してきたBoogie Boardが、なんの因果かKING JIMから国内でも販売されることになりました。発売予定日は10月15日。価格は4980円と米国での価格に比べると割高ですが、輸入する場合は本体価格以上に送料が必要だったことを考えると悪くない設定です。

あらためて紹介するとBoogie Boardは感圧式の電子メモパッドで、スタイラスで自由に描け、ボタンひとつで消せるのが特長。画面サイズは182 x 125 mm、本体サイズは222 x 141 x 3.2mm。電池交換はできませんが、約5万回書き換えが可能です。本体には伸縮式スタイラスが付属するほか、オプションとしてスタイラスホルダー & マグネットセット(420円)や、収納ポーチ(1260円)も発売されます。面白そうだけどわざわざ輸入するほどでも......とお考えだった皆様にはうってつけです。迷っている方は、MobileHackerz掲載のレビューも参考にどうぞ。





「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: boogie board, BoogieBoard, king jim, KingJim
1シェア
0
1
0

Sponsored Contents