Sponsored Contents

atokの最新記事

Image credit:
Save

ATOK Pad for iPhone 発表、ATOK入力の単体メモアプリ

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年9月21日, 午後03:28 in Atok
0シェア
0
0
0
0

連載

注目記事


ジャストシステムが予告していた「iPhone 版 ATOK」が正式に発表されました。9月22日からApp Storeで販売される ATOK Pad for iPhone は、単体のメモアプリに ATOK独自の日本語入力エンジンやインターフェースを組み込んだ製品。入力した文書はコピペのほかメールやSMSなどのアプリへの転送をサポートしているものの、iPhone の日本語入力機能を置き換えるソフトウェアではありません。

特徴は高精度な変換・推測変換、数種類の独自入力キーボード、PC版 ATOKとのユーザー辞書連携など。入力パネルはテンキーボード、QWERTYキーボード、独自の「ダブルトリガーキーボード」の3種類。テンキーボードでは iPhone 標準とおなじフリック入力に対応するほか、濁音・拗音もそのまま入力できる「リボルバータッチ入力」にも対応。フリックした方向で上下に動けるカーソル移動キー、定型文入力、確定 Undoなど小技も充実しています。QWERTYキーボードでは「CTRL」ボタンで絵文字・顔文字の呼び出しや編集メニューへのアクセスが可能。写真左側の「ダブルトリガー」は両手親指を使うことで高速な入力を可能にするデザイン(と解説されています)。

ATOK Pad for iPhone は App Store で9月22日から販売。価格は標準1200円、9月26日までの発売記念価格では900円。動作環境は iOS 4が動くiPhone (3G, 3GS, 4) および iPod touch。「Pad」の名称がついていますが iPadでは動きません。またBluetoothキーボードにも対応しません。PCのATOKもそろそろ更新しておくか、という向きには、ATOK 2010 for Windows または for Mac に1000円分のギフトカードがついた「購入支援セット」なるパッケージも販売されます (バンドルできないため)。価格はそれぞれ8000円 / 9800円。続きにはダブルトリガーのデモ動画を掲載。また開発者向けには、URLスキームを使ってほかのアプリと連携させるための技術情報も公開されています。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0
0
0

Sponsored Contents