Sponsored Contents

letsnoteの最新記事

Image credit:
Save

10型ワイド画面になった Let'snote J9シリーズ、通常電圧Core i5搭載

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年9月28日, 午後04:54 in Letsnote
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
パナソニックがレッツノートの新シリーズ J9を発表しました。画面は10型ワイドで重量約970 ~ 990g。つまり従来のRシリーズの後継にあたります。特徴は10.1型以下のノートPCで世界初という通常電圧版 CPU ( Core iプロセッサ) の採用、ワイド化で画面が広く1366 x 768解像度になったこと、Rシリーズで微妙に減ったり伸び悩んでいたバッテリー駆動時間が伸びたこと (ハイパフォーマンスモデルで約12時間)。店頭版は Core i5-460M / 128GB SSD / 12時間駆動のハイパフォーマンスモデルと、Core i3-370M / 160GB HDD / 7.5時間駆動のスタンダードモデルの2機種展開。

レッツノートのタフさの象徴でもあったボンネット構造 (天板の変な膨らみ) やディスプレイ部と本体部のかみ合わせなどは採用されず、かわりに専用の「ジャケット」を装着することで76cm (底面) 動作落下や100kgf 加圧振動(天面) に耐える耐久性能になります。ジャケットなしの場合は36cm落下まで (非動作、26方向)。パナソニックはモバイルノートをケースにいれて持ち運ぶユーザーは多い、しかしこのジャケットなら装着したまますぐに使える、しかも「着せ替え」可能でスタイリッシュ!として「ジャケットスタイルPC」を提唱しています。さらにジャケットの底面のハンドストラップにより、立ったまま片手で支えても安定して操作が可能。ジャケットはハイパフォーマンスモデルにパンサーブラック、スタンダードにはシフォンホワイトが付属。ジャケットはクッション入りで約200gほどあるため、ハイパフォーマンスモデルでは非装着時 990g、装着時1205gになります。

基本仕様はハイパフォーマンスが Core i5-460M (2.53GHz, Turbo Boost 2.8GHz)、2GB RAM (最大6GB)、128GB SSD、12時間駆動。スタンダードがCore i3-370M (2.4GHz)、2GB RAM (最大6GB)、160GB HDD、約7.5時間駆動。共通仕様は 802.11 a/b/g/n WiFi および WiMAX。SDXCスロット、LAN (1000BASE-T)、VGA出力、新規採用のHDMI出力、USB 2.0ポートがひとつ増えて3つなど。PCMCIAスロットやExpressCardスロットはなし。キーボードはR9までとほぼおなじ横17mm / 縦14.2mmピッチで、左上と右下角が滑らかになった左右非対称の「リーフ型キーボード」を採用。ホームポジションからの指の動きに配慮して(?)指がひっかかりにくく誤入力を減らすとされています。タッチパッドはあいかわらずぐるぐるスクロールに対応した円形。OSはWindows 7 Home Premium (32ビット。64ビットをリカバリで選択可能)。独自の「クイックブートマネージャ」の設定により、コールドブートでHDD / SSDを読みにゆくまでの時間をRシリーズの約半分である15秒に短縮した高速起動も今回の新機能です。液晶ディスプレイはビジネスモバイルらしい非光沢。視野角や色域が改善してきれいになったとの記述はとくにありません。

直販のマイレッツ倶楽部では、Core i7-640M (2.8GHz, Turbo Boost 3.46GHz) や256GB SSD、ExpressCardスロットまたはWWAN(FOMA HIGH-SPEED 内蔵を排他選択できるプレミアムエディションが用意されるほか、全機種がオンボードメモリ4GB (最大8GB)、Windows 7 Pro 64bit 、Bluetooth v2.1+EDRなどを備えます。

Let'sNote J9シリーズの発売は10月15日から。価格はオープン、店頭予想価格はハイパフォーマンスが18万円前後、スタンダードが12万円前後。プレミアムエディションの直販は27万5750円より。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: letsnote, letsnote j9, LetsnoteJ9, panasonic, wimax
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents