Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

国内iTunes Storeが映画の販売・レンタル開始、新Apple TVは8800円で今週発売

Haruka Ueda
2010年11月11日, 午前10:15 in Apple
21シェア
0
0
0
21

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

ZuneビデオAmazon MP3に続いて、にわかに国内のデジタルコンテンツ産業があわただしくなってきました。アップルが日本のiTunes Storeでも映画のレンタルと販売を開始します。コンテンツパートナーは国外から20世紀フォックス、パラマウント・ピクチャーズ、ウォルト・ディズニー・スタジオ、ワーナー・ブラザース、ユニバーサル・ピクチャーズ、国内からアスミック・エース・エンターテインメント、フジテレビ、角川映画、日活、松竹、東映。1000本以上の作品をとりあつかいます。

コンテンツの価格はHD映画(720p)の販売が新作2500円、旧作・準新作が2000円。SD画質だと新作2000円、準新作1500円、旧作1000円。レンタルはHDが新作500円、旧作300円から。SDだと新作400円、旧作200円から。レンタルの制限は、注文後30日以内に視聴すること、視聴開始後48時間以内に観終えること。期間中であれば何回でも観られます。

同時に新Apple TVの国内販売も決定しました。発売日は「今週中」で、お値段8800円。仕様については発表記事をどうぞ。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

21シェア
0
0
0
21

Sponsored Contents