Sponsored Contents

finlandの最新記事

Image credit:
Save

動画:ノキア、氷のタッチスクリーンを開発

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年11月22日, 午前11:01 in Finland
19シェア
0
1
0
18

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

硬く冷たいガラス製のタッチスクリーンはマルチタッチのスマートフォンをはじめ広く使われるようになりましたが、携帯電話業界の巨人ノキアが氷のタッチスクリーンを開発しました。あらゆる壁や床やテーブルがインターフェースになる「インタラクティブ・サーフェイス」系のデモとして企画されたもので、サイズは2 x 1.5メートル。触る面と反対側から赤外線で照らして反射をカメラで撮影することで、触れた点の大きさや形状・動きを割り出しプロジェクタで映像を投影します。触れた点にそってプロジェクタで炎のパターンが描き出される「燃える氷」デモの様子は続きの動画をどうぞ。

ノキアではこの氷タッチスクリーンを寒冷地市場でスマートフォンに広く採用してゆく計画、では残念ながらなく、氷の透明度や透過する光の歪みでタッチ認識や映像表示の正確性に難があること、また「氷を触ると寒い」といった問題から、氷の彫刻や寒い地域での屋外広告には使えるかも、と控えめな提案をしています。次はDPM方式ディスプレイのタッチ化に期待したいところです。







CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

19シェア
0
1
0
18

Sponsored Contents