Sponsored Contents

felicaの最新記事

Image credit:
Save

GoogleがNFC用タグを配布開始、タッチで「おみせメモ」表示

Haruka Ueda
2010年12月10日, 午後04:00 in Felica
23シェア
0
0
0
23

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View
先日発表されたGoogle Nexus Sの目玉は、もちろんAndroid 2.3 "Gingerbread"を搭載していることでしょう。しかしハードウェア面ではNFC(Near Field Communication)という文字通りの近距離無線技術を採用していることも忘れてはいけません。というわけでGoogleはさっそくNFCを利用した地域マーケティングのキャンペーンを開始しています。これはお店にNFCタグ付きのポスターを配布し、訪れる利用客に「タッチ」の体験をしてもらうというもの。タッチするとGoogle Hotpot(日本名:おみせメモ)が表示されるので、その場で店の五段階評価を行ったり、お気に入りに登録することができます。今のところクーポンが配信されたり、チェックインで店の「市長」になったり、Googleチェックアウトで支払いができたりするわけではないようですが、そういったサービス連携も時間の問題でしょうか。

とはいえキャンペーンははじまったばかり。残念ながら現状、ポスターの配布地域は米国オレゴン州のポートランドに限定されています。幸運にもポートランド在住の事業者であれば、申請によりタグ付きポスターはもちろん、ペンやマグネット、なぜかフォーチュンクッキーまで、様々な販促品を無料で手に入れることが可能です。

なお、ご存知のとおり日本では、ドコモのトルカをはじめ「ケータイでタッチ」系サービスはとっくに実現しており、また「おサイフ」に関してはIS03などのAndroidスマートフォンでも続々採用されつつあります。しかし反対に言えば、NFCが今後拡大していけば、いわゆる日本のケータイの優位性がますますなくなっていくということでもあります。ケータイ先進国という表現もすっかり空虚になってきた今日このごろ、日本の「おサイフ」を支えてきたFeliCaがNFCにいつ、どのように置き換わっていくのか、あるいは置き換わらないのか(細部をすっとばして言えば、NFCはFelicaの上位規格)。海の向こうがようやく追いついてきた、では済まされない気になる話です。

続きにはGoogleの解説動画と、Nexus S実機でタッチ体験の動画を掲載しています。QRコードの認識作業が切なくなるくらい、動作は見事にサクサクです。





23シェア
0
0
0
23

Sponsored Contents