Sponsored Contents

airplayの最新記事

Image credit:
Save

動画:iOS から Mac に動画を飛ばすAirPlay クライアント AirPlayer

Ittousai, @Ittousai_ej
2010年12月16日, 午前12:01 in Airplay
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

iOS 4.2 で導入された AirPlay は iPhone や iPad 、またはデスクトップの iTunes にある動画をローカルネットワーク内でストリーミングする仕組みですが、今のところ受信側になるのは新 Apple TV しかありません。 テレビには Mac mini や Macをつないで自前でホームシアターを構築している人、あるいはうちでは27インチ iMacが大画面だ!という場合のために、非純正のMac用 AirPlay クライアントアプリ AirPlayer がリリースされました。開発はアップル系姉妹サイト Tuaw での執筆 や iOS アプリでもおなじみ Erica Sadun 姐さん。本人による1分プレゼン動画は続きをどうぞ。

AirPlay は接続に Bonjour を使っているため、Mac側で AirPlayer.appを実行するだけで、 iOS 側ではなにもインストールや設定をせず再生先に Mac の名前が現れ選択できるようになります。リンク先から落とせる AirPlayer はバージョン 0.01のアルファ版。無料 (広告付き) のas is で提供されています。自前の Mac と iOS デバイスではそもそもおなじコンテンツがMac側にあることが多いためわざわざストリーミングする意義も少ないかもしれませんが、おなじネットワーク内の iPhone や iPod touch ならすぐ大きな画面に出力できるのは使いようによっては便利。AirPlayer には iOS側のメディアファイルのローカルネットワーク上アドレスをMacのクリップボードにコピーする機能もあり、別のクライアントで再生したり、あるいは無線でコンテンツをコピーするためにも使えます。また iOS デバイス側を脱獄しているなら、標準アプリ以外でも画面を飛ばせる AirVideoEnabler が便利です。

[via TUAW]




広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents