Sponsored Contents

lenovoの最新記事

Image credit:
Save

NECとレノボが合弁会社を設立、パソコン事業で協力体制確立へ

Haruka Ueda
2011年1月27日, 午後08:00 in Lenovo
0シェア
0
0,"likes":0
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View

先週末に日経が報じていたとおり、NECとレノボがパソコン事業で提携し、合弁会社を設立すると発表しました。レノボが51%、NECが49%出資する「Lenovo NEC Holdings B.V.」を持ち株会社として立ち上げ、その100%子会社としてNECのパソコン事業を分離したNECパーソナルコンピュータ株式会社と、レノボ・ジャパン株式会社がぶら下がるかたち。まとめて「NEC レノボ・ジャパン グループ」ということになります。合弁会社設立、グループ発足は今年6月を目途にまとめる予定。NECパーソナルプロダクツ代表取締役執行役員社長の高須英世氏が合弁会社の社長に、レノボ・ジャパン代表取締役社長のロードリック・ラピン氏が会長に就任する計画です。NECとレノボの両ブランドは引き続き維持され、販売・保守なども従来どおり行われるとのこと。発表会ではパソコン以外にも、サーバやタブレットなどの分野での連携が示唆されました。

パソコンはもはや国内市場の急拡大が望めないなか、かつて国内王者として君臨した、なんだかんだあっても未だトップシェアのNECにとっては、一度は諦めたグローバル展開の足がかりとしたいところ。レノボにとっては、ThinkPad / 大和研究所の買収に続く日本強化の方針で、国内シェア拡大を目指す構えです。それぞれの強みをうまく生かした合併となれるか、注目です。


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: lenovo, lenovo nec, LenovoNec, nec
0シェア
0
0,"likes":0
0

Sponsored Contents