Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

MSがChrome用H.264プラグインをリリース、Googleへ公開質問も

Haruka Ueda
2011年2月3日, 午後04:00 in Google
3シェア
0
3
0
0

連載

注目記事

H.264WebM の構図となったHTML5ビデオ問題で、Google Chromeがサポートを中止したH.264について、マイクロソフトが対応プラグインをリリースしました。Windows限定ではありますが、リリース済のFirefox用プラグインに続き、主要ブラウザでのH.264対応を推進する格好になります。いわくH.264はWindows APIでサポートされているため、どのようなブラウザでも再生できるとのこと。

また反対に誰かがリリースする予定の IE9 向け WebMプラグインについて、同社がサポートを提供するとも発表しました。敵に塩を送るような行為ですが、その理由は「私たちは他の動画形式の存在を認識していますし、利用者が特定の形式にこだわることなく、他の形式でも便利に動画を見ることができるようにしたいと考えています。この方針から、ダウンロードされた動画コーデック(WebM)の、マルウェアやフィッシングに利用されるといったリスクもふくめて、全体としてより安定したプラットフォームを提供します」とのこと。WebMをマルウェアといきなり紐づけるような言い方はどうかと思いますが、ともあれ利用者第一のスタンスを見せたことは、MS△です。

さて、話はここで終わりません。リンク先を見れば分かりますが、MSはここからGoogle / WebMの姿勢について公開質問を投げかける、かなり長い文章を公開しています。ざっくり紹介しておくと、質問はみっつあり、ひとつめは「誰か知的財産の責任とリスクを負うの?」。WebMはフリーでオープンって言ってるけど、知財侵害で誰かに訴えられて負けたらどうするの。WebMを利用したMozillaやウェブサイトやチップ会社の賠償責任が問われたら、Googleが肩代りしてくれるの。JPEGの悲劇を忘れたの。それでもオープンでフリーって言うんだからそれくらいの自信あるんだよね、という話。

ふたつめの質問は「Googleは(WebMを)純粋に推進するため、いつ、どうやってオープンなウェブ標準コミュニティに扉を開くの?」。H.264はオープンじゃないと言うけど、WebMはコードがあるだけで標準となる仕様もない。WebMドメインはGoogle管理下。オープンなんだったら、開かれたプロセスで認められた仕様変更も受け入れるのか。コミュニティからのフィードバックはどう処理するの、など。Androidでもときどき耳にする「Googleのオープンってなに?」という話です。

最後は「デバイス、ウェブサービス、PCの間で一貫性を取り戻すどのような計画があるの?」。H.264がダメなんだったAndroidでもサポートをやめるの。WebMに対応しない端末でもYouTubeを見続けることはできるの。コーデックが分断されたせいで、メーカーはハードウェア・アクセラレーションの開発にずっと時間がかかるようになるんじゃないの、など。それにしてもBing問題といい、このごろGoogleとMSが派手にやりあう場面が目につきます。

Slashgear



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: google, google chrome, GoogleChrome, h.264, microsoft, webm
3シェア
0
3
0
0

Sponsored Contents