Sponsored Contents

adrenoの最新記事

Image credit:
Save

Qualcommが次世代SnapDragonを発表、4コア 2.5GHzなど

Haruka Ueda
2011年2月14日, 午後07:30 in Adreno
20シェア
0
0
0
20

連載

注目記事

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

ダンボールだからと期待せずにNintendo SwitchのVRで遊んだ結果……(小彩楓)

小彩 楓, 4月6日
View

デュアルコア搭載のスマートフォンは先月のCES 2011で実現しました。しかし、そろそろこのへんでいいじゃないか、といかないのがこの業界です。特にSnapDragonプロセッサが各社の端末で大人気のQualcommにとって、考えるべきはさらにその先。つまり、クアッドコアです。というわけで同社はMWC開催にあわせ、次世代SnapDragonファミリー、コードネームKraitを発表しました。1コアのMSM8930、2コアのMSM8960、4コアのAPQ8064などといった構成で、各コアのクロック数は最高2.5GHz。もちろんモバイル端末に利用するものですので、パワーだけでなく、今日のARMベースCPUより65%低いという低電力仕様も重要です。

またチップセットには3Dに対応した最大4コアの最新版Adreno GPUも含まれています。ハイエンドとなる4コア Adreno 320の場合、ステレオ3D動画の描画が最大で従来のAdrenoの15倍高速になり、HDMI経由でフルHD出力も可能。ちなみにAdreno GPUの「対応エコシステム」には、AndroidやWindows PhoneのXboxゲームに加え、早くもPlayStation Certifiedゲームの文字があり、ハイエンドSnapDragonを採用したPSケータイクローン(PlayStation Suite対応デバイス)の登場が期待できます。

さらに新世代SnapDragonでは、WiFi、GPS、Bluetooth、FMといった既存機能に加え、Androidが標準対応するなどこのごろ話題の近距離無線NFC、そして前述のステレオ3Dビデオ / 画像(S3D)といった新技術にも対応。おまけにチップセットにはマルチモード対応LTEモデムも含まれています。

登場時期は2コアのMSM8960が今年のQ2を予定。従来より8倍高速なAdreno 225を備え、デュアルチャネルのLP DDRもサポートします。一方、Adreno 305を備えた1コアのMSM8930と、4コアのAdreno 320を備えたやっぱり4コアのAPQ8064は2012年早々の登場予定。いよいよ買い替え時期が見当たらない進化のスピードです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:話題の企業タイミーのデータアナリティクスマネージャーに聞くスタートアップへの転職


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。
関連キーワード: adreno, lte, qualcomm, s3d, snapdragon
20シェア
0
0
0
20

Sponsored Contents