Sponsored Contents

featuredの最新記事

Image credit:
Save

Google Wallet 発表、NFCを使った「おサイフ」サービス

Haruka Ueda
2011年5月27日, 午前09:00 in Featured
83シェア
0
2
0
81

連載

注目記事


うわさどおりGoogleが米国26日に開催した発表会で、NFCを使ったモバイル決済サービス Google Walletを発表しました。Nexus SなどNFCを搭載したAndroid端末でタッチによる決済ができるという、名実ともにGoogle版「おサイフ」サービスです。おさらいするとNFC(Near Field Communication)は名前どおりの近距離無線技術で、日本の「おサイフ」標準技術であるFeliCaから(ざっくりと)見れば上位の規格になります。

Google Walletの大きな特長は、マスターカードの非接触決済サービス PayPass を利用すること。日本でも「おサイフ」サービスの乱立により、一台のレジに複数のリーダーが接続されているようなことがありますが、店側がPayPassに対応していれば、原則としてGoogle Wallet導入によりまた新しいリーダーやレジが必要になるということはありません。現在のPayPass対応店舗は全世界で30万以上、米国では10万以上。PayPass導入店がそのままGoogle Walletを採用するとは限りませんが、イチからネットワークを作り直す必要がないのは普及にとって大きな弾みになりそうです。なお、Google Wallet決済による特別な手数料などはなし。クーポンサービス Google Offersとの連携も重要なポイントです。

一方、利用者側では、PayPass対応のシティ・マスターカードをGoogle Walletに登録するか、専用プリペイドカードを任意のクレジットカードで購入する仕組み。ただし安全のため、タッチのあとに暗証番号を入力する必要があります。安全のためといえば、おサイフ関連情報はWalletを利用している時にしか利用できないとか(Androidを持ち歩いているだけでスキミングされるようなことはない)、クレジットカード情報はアプリで表示されないとか、セキュリティ面での取り組みもいろいろ語られました。Androidを紛失したときは? リモートでデータ消去を。バッテリが切れたら? カードを使って下さい。

Walletアプリは無料。サービスは本日よりニューヨークとサンフランシスコで試験的に開始され、本格展開は夏からの予定。将来的には航空機の搭乗券など各種チケット情報も取り扱う計画という話なので、ますます日本の「おサイフ」的です。

続きにはパートナーについてや、実演動画など。




店舗パートナーはこんな感じ。日本でもお馴染みのサブウェイやトイザらスなど。Google Walletサービス自体も、Google単体での取り組みではなく、クレジット大手のマスターカード、シティバンク、顧客情報の管理を行うFirstData、そしてNexus S 4Gを取り扱うSprintとの共同プロジェクトであることが強く打ち出されています。もちろん「誰とでも連携していくつもりである」と言うとおり、各種パートナーは今後も拡大させていく計画で、iPhone版やBlackBerry版の実現も否定していませんでした。例によってパートナー向けには「消費者の選択と安全性を損わない範囲で」オープンにAPIを公開していく予定です。

店舗パートナーの声をあつめた公式動画。



タッチで自販機のコーラが買えます! 未来! 日本の先進性を誇るべきでしょうか、先進性を伝えられないまま他国が追い付いてしまったことを嘆くべきでしょうか。




広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

83シェア
0
2
0
81

Sponsored Contents