Sponsored Contents

chevronwp7の最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフト、Windows Phone 7の脱獄を公認。ChevronWP7チームに協力

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年6月19日, 午前10:33 in Chevronwp7
39シェア
0
2
0
37

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

Windows Phone 7 で自作アプリを動かせるようにするハック ChevronWP7 の開発チームが、マイクロソフトの公認と協力を得て、WP7端末のアンロックサービス ChevronWP7 Labs を開始する計画を発表しました。

マイクロソフトは新モバイルプラットフォーム Windows Phone 7 から、サードパーティアプリの配布を公式マーケットプレースに一本化する設計を採用しています。プラットフォーム企業が強い権限でサードパーティアプリと開発者をコントロールするアップル iOS に近い仕組みですが、よりPCに近いモデルの旧 Windows Mobile では可能だった、マイクロソフトの審査や開発者プログラムへの登録が要らない 自作 (Homebrew) ソフトウェアの開発や配布は不可能になっていました。

昨年のWindows Phone 7 製品発売からほどなくリリースされた ChevronWP7 は、この制限を解除しマーケットプレース以外からのアプリインストール (sideload) を有効にする、いわゆる脱獄 (Jailbreak) ツール。プラットフォーム企業としてはせっかくコントロールを強化したのに抜け道を作られる困った存在のはずですが、マイクロソフトは開発者エクスペリエンス担当ディレクターみずからChevronWP7の開発者チームに連絡を取り、本社に招いて自作アプリ開発について話し合いを持っていました。

ChevronWP7チームによれば、今回のChevronWP7 Labs はマイクロソフトとの協議から生まれた「公認」のアンロック手段提供サービス。公式ページにはまだ「近日公開」とあるのみで詳細は明らかにされていませんが、多少の手数料を支払うことで端末をアンロックするサービスであるとされています。
ChevronWP7 チームがアンロックツール公開の理由として当初から繰り返しているのは、Windows Phone 7 アプリ開発への敷居を下げもっと広い開発者にアクセス可能にすること。


携帯電話のアンロックは昨年から米国著作権法上は合法と 認められましたが、あくまでアプリ互換性のための制限解除行為が例外的に罪に問われないとされただけで、メーカー側にサポートや脱獄手段の提供を義務付け たわけではありません。マイクロソフトにしても、たとえば「エコシステムの崩壊につながりかねない不正行為には断固とした態度で〜」云々と理由をつけて潰 し続けることもできたはずですが、開発者人口の増加は競争の激しいモバイルプラットフォームにとって、特に後発のWindows Phone 7にとっては避けて通れない課題。完全に敵対して制御不能になるよりは、ある程度は把握しつつ公式チャンネル以外も認める方策を採ったようです。

問題はアンロックに必要な " a small fee "がどの程度になるか。
サー ビスにかかるコストを相殺するためと説明されていることから、単なるアンロックツールの配布ではなく、サーバサイドでなんらかの登録の仕組みがあるのかも しれません。(が、最初に公開されたChevronWP7との違いを含め、" Labs " の詳しい仕組みは未発表)。手数料は今のところ PayPalで支払うことができ、また公認の開発者プログラムよりはずっと安くなるとされています。公式のアップデートで魅力的な新機能があっても脱獄ツールが対応するまで横目で見つつ我慢したり、いつ梯子を外されるか分からない不安と付き合うよりは安いと判断される額になることを祈りたいところです。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

39シェア
0
2
0
37

Sponsored Contents