Sponsored Contents

book readerの最新記事

Image credit:
Save

ソニー、電子書籍端末 Reader 次期モデルを8月にも米国で発売

Haruka Ueda
2011年7月19日, 午後04:00 in Book Reader
20シェア
0
1
0
19

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

ソニー製タブレット S1 / S2 の発売がすこしずつ近づいている今日このごろですが、アマゾン同様、同社はタブレット分野に進出しても、専用の電子書籍リーダーの展開を続けるようです。米ソニーエレクトロニクスのデジタル・リーディング担当VP、Phil Lubell氏がブルームバーグの取材に答えたもので、同社は電子書籍リーダー Reader の次期モデルを早ければ来月にも発表する予定とのこと。どのような仕様となるかは不明ながら、米国では一足早くパワーアップした B&N Nook や、すこし遅れて投入されるであろうKindleの次期モデルに今度こその戦いを挑むことになります。日本でいつごろの登場となるかは分かりませんが、ソニーは凸版・KDDI・朝日新聞とのブックリスタや、紀伊国屋、パナソニック、楽天との共通プラットフォーム構想など、日本での電子書籍ビジネスの展開に積極的なところを見せていますので、そもそもの Reader の早期パワーアップにも当然ながら期待したいところです。

ちなみにタブレットとの棲み分けについては、Lubell氏いわく「タブレット機が500ドルの価格帯に留まるかぎり、専用リーダーの市場は存在し続けると考えている」。Android タブレットに限っていえば価格帯はもっと下がっているような気もしますが、タブレット機とはもちろん、広告つきで114ドルからというKindleや、139ドルのNookとも価格面でどう対抗していくのか、発表を待ちましょう。

SlashGear
20シェア
0
1
0
19

Sponsored Contents