Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

アップル対サムスン続報:Galaxy Tab 10.1がEUで販売停止も、ドイツ以外では復活へ

Haruka Ueda
2011年8月17日, 午前09:45 in Android
6シェア
0
6
0

連載

注目記事

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機
12

折りたたみスマホ Galaxy Fold レビュー。ガチ勢専用の高コスト可変機

Ittousai, 10月11日
View

製品開発競争と同じくらいめまぐるしい司法戦争の話。アップルとサムスンの戦いの経過をまとめてお伝えします。両社は互いにさまざまな製品をやり玉に挙げていますが、今回の話題の中心はサムスンのほぼ iPad サイズタブレット Galaxy Tab 10.1 です。おさらいしておくと iPad / iPad 2 は 4:3 の9.7インチディスプレイ、Galaxy Tab 10.1は 16:10 の10.1インチディスプレイを採用しています。

まずなんといっても今月に入ってから一番のニュースは、その Galaxy Tab 10.1 が、アップルの申し立てによりドイツのデュッセルドルフ地方裁判所から販売停止の仮差し止め命令を受けたことでしょう。命令は9日付けで、サムスン側に事前の連絡はなかったとのこと。効力は別の裁判が進行中のオランダを除くEU全地域におよび、サムスンにとってはタブレットの主力製品を販売できないという厳しい状況になります。

やはり同種の裁判が進行中のオーストラリアでは、今月あたまにサムスンが Galaxy Tab 10.1 の市場投入見送りを決定するということがありました。しかし、これはアップルとの合意によるもので、最終的にサムスンが裁判に勝利した場合、アップルに販売機会損失の補填を求めることができるという内容を含んでいます。Galaxy Tab 10.1を販売できないという状況はオーストラリアもEUも変わりありませんが、オーストラリアは販売見送りの自主合意、EUでは裁判所からの販売停止命令、と理由には大きな違いがあります。

とまあ第1ラウンドはアップル有利に進んでいたところ、アップルがEUへ提出した証拠に奇妙な点があることをwebwereldが15日付けで報じました。上に掲載した写真がその奇妙な部分。左に iPad 2、右に Galaxy Tab 10.1、似てる! とアップルが訴える内容です。しかし、前述のとおり Galaxy Tab 10.1 は 16:10 ディスプレイを採用しており、本来はもっと細長い筐体です。さすがにアップルが改竄を加えてまで類似性をアピールしたとは思いたくないところですが、結果として Galaxy Tab 10.1 の心象が悪くなっているのは確かでしょう。

そして16日、デュッセルドルフ地方裁判所は Galaxy Tab 10.1 の販売停止命令の範囲をオランダ除くEU全域から、ドイツ国内へ縮小する判断を下しました。その理由は、韓国企業の製品販売に対して、ドイツ法廷がEU全域での販売停止を行う権限を持つのか議論の余地があるため、とのこと。今後サムスンは今月25日に公聴会へ出席する予定で、その結果によってはまだまだ波乱がありそうです。

なおアップルは、また別のAndroid勢力である HTC とも司法戦争を激化させており、HTC Flyer などを例に複数の特許侵害を(また)訴える一方、HTCからも3件の特許について16日付けで(また)訴えられています。表の製品開発戦争と裏の司法戦争、Googleのモトローラ買収でAndroidパートナー各社が「防衛への取り組み」を歓迎したのも納得です。

sourceWebwereld (Translated), Wall Street Journal



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

6シェア
0
6
0

Sponsored Contents