Sponsored Contents

3dの最新記事

Image credit:
Save

ソニーから業界初の 3D サラウンドヘッドホン MDR-DS7500

Haruka Ueda
2011年8月30日, 午後02:15 in 3D
135シェア
0
106
0
29

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

ソニーが業界初となる 3D サラウンドヘッドホン「MDR-DS7500」を発表しました。3Dというのは、従来は水平方向に留まっていたサラウンド音場に、高さ方向も加えたということ。業界初というのは、つまり民生品では初ということです。ドルビープロロジックIIzデコーダーを搭載しており、通常の 2ch / 5.1ch / 7.1ch 音声信号から3Dサラウンドを作り出すことが可能。HDMI端子を備えており、HD音声フォーマットに対応するほか、"ブラビアリンク"にも対応します。エフェクト面ではソニー・ピクチャーズエンタテインメント監修の「新シネマモード」や、SCEサウンドデザイナー監修の「ゲームモード」などを搭載。低反発クッション採用のイヤーパッドを従来比2倍の厚みにしたことで、3Dメガネのフレームとも干渉せずに装着することができます。

ヘッドホン部は電池込みで重さ325g。リチウムイオン充電池を利用し、フル充電で18時間で動作します。プロセッサー部との無線到達距離は見通し約30m。一方のプロセッサー部は252 x 36 x 159 mmという大きさで、重さ480g。入力端子はHDMIx3、光角型x1、ステレオピンジャックx1。10月10日の発売で、価格は4万9350円。増設用ヘッドホン単体は2万4675円です。




CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

135シェア
0
106
0
29

Sponsored Contents