Sponsored Contents

gr digitalの最新記事

Image credit:
Save

リコー GR Digital IV 発表、限定ホワイトエディションも

Haruka Ueda
2011年9月15日, 午後03:10 in Gr Digital
291シェア
0
251
0
40

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View

高性能コンパクトデジカメの雄、GR Digital の新モデルがリコーから発表されました。名前は順当に GR Digital IV です。28mm単焦点・F1.9からの明るいレンズや、約1000万画素 1/1.7型 CCD といった基本は GR Digital III から変わりませんが、新画像エンジン GR Engine IV の搭載と光学フィルターの改良により「GR史上最高画質」をアピールしています。そのほかの新要素は、外部AFセンサにより最短0.2秒AFを実現したハイブリッドAFシステム、シリーズ初のイメージセンサーシフト方式ブレ補正機能、視認性の向上した3.0型 約123万ドットVGA液晶、水平に加えてアオリ方向にも対応した電子水準器など。ダイナミックレンジ補正、インターバル合成など、ソフトウェア面も強化されています。

そのほかの仕様は従来からおなじみのものですが、振り返っておくと、対応メディアはSD / SDHC メモリーカード。動画はストイックに640x480・30コマ、AVI形式。micro HDMI端子が付きました。本体サイズは108.6 x 59.8 x 32.5 mmとわずかにぶ厚くなって、重さはバッテリー抜きで190g。10月中旬の発売予定です。

また、新オプションとして本革製ハンドストラップ、電源ボタンのロック機能を備えたメタルレンズキャップが用意されるほか、本体、ハンドストラップ、メタルレンズキャップと白で揃えたホワイトエディションも限定で発売されます(写真)。さらにカスタマイズサービスとして、グリップ部分を木目調・カーボン調・レザ調に交換することも可能になりました(税込5775円)。そして GR Digital III 向けには、メタルレンズキャップ対応や、コントラストブラケット機能などを加えた最後の機能拡張ファームウェア第5弾が同じく10月中旬に公開の予定です。

291シェア
0
251
0
40

Sponsored Contents