Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

アマゾンの独自タブレットは「Kindle Fire」、7型カラー液晶採用?

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年9月27日, 午前07:57 in Amazon
223シェア
0
223
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 13 時間前
View


(※ 想像図)

28日の発表イベント
を控えて、長く続いてきた「アマゾン独自タブレット」のうわさもラストスパートを迎えています。試作機に触れたという techcrunch によれば、タブレットの名称は「Kindle Fire」。部分的な情報を羅列すると:
  • 画面サイズは7インチ。読書専用のE Ink 電子ペーパー版 Kindleとは独立した製品として、カラー液晶ディスプレイを採用。
  • プロセッサはデュアルコアのTI OMAP。ハードウェアとしてはRIMのBlackBerry PlayBookに近い。
  • OSは Androidベース。アマゾンのサービスに最適化した独自のプラットフォーム。ただしブラウザ等のアプリは標準で搭載するほか、すでに一般展開している Amazon Appstore for Android から汎用のAndroidアプリをインストール可能。
  • 独自コンテンツとして、Kindle電子書籍のほか Amazon MP3の音楽配信(とクラウドストレージ)、Amazon Video on Demand の映画やテレビ番組、前述のAppstoreでアプリやゲームを提供。
  • さらに allthingsD によれば、米国の大手出版社3社から新たに雑誌コンテンツの提供を発表。
  • 発売は発表からやや遅れて11月。
  • 価格はまだ不明確。ライバル B&N の Nook Color 、まもなく登場するとみられる Nook Color 2に対抗して250ドル前後という話もあるが、300ドルの可能性もある。あるいは、Amazon Prime (年間79ドル)を含めて300ドル説も。
といったところ。さらに gdgt のライアンが開発寄りのソースから得た情報では、ハードウェアは PlayBook とおなじQuanta がODMを担当。開発期間を短縮し今年のホリデーシーズンに投入するため、アマゾンで従来の Kindle をデザインしてきたチームではなく外部のODMで既存のAndroidタブレットをベースにしたとされています。「初代はODMと協力開発、後継機はAmazon内部設計」は以前からのうわさにもありました。gdgt の情報提供者はこれが不満らしく、商戦期投入を優先したその場しのぎの製品だと評していますが、 techcrunch の試作機インプレでは、ソフトウェアの出来が良いためPlayBook よりははるかに上としています。なお、上の画像はあくまで想像図。ハードウェアのベースになったとされる PlayBookついてはこちらを参照してください。いずれもうわさであって確定情報ではありませんが、米国大西洋時間で28日にはおそらく正体が発表されるはずです。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

223シェア
0
223
0

Sponsored Contents