Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

マイクロソフトとサムスンが特許クロスライセンス契約、Android端末についてMSへ支払い

Ittousai, @Ittousai_ej
2011年9月29日, 午前03:04 in Android
171シェア
0
137
0
34

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

マイクロソフトとサムスンが、特許クロスライセンス契約の締結を発表しました。発表文のタイトルは " Microsoft and Samsung Broaden Smartphone Partnership " (マイクロソフトとサムスン、スマートフォンでの協業を拡大)。注目すべきは、お互いの特許ポートフォリオを相互ライセンスすることに加えて、Androidスマートフォンやタブレットについて、サムスンがマイクロソフトへロイヤリティーを支払うと明記されている点。また両社はWindows Phone の開発や販売についても協力してゆくとしています。そのほか具体的な契約条件等は非公開。

マイクロソフトはAndroid端末のメーカーと着々とライセンス契約を結んでおり、サムスンとの契約は過去三か月間で7件目にあたります。これまでの6件はエイサー、General Dynamics Itronix、オンキヨー、Velocity Micro、ViewSonic、Wistron。またサムスンと並んでAndroid陣営の雄であるHTCとも、昨年にクロスライセンス契約を結んでいました。

発表文はクロスライセンスとサムスンのロイヤリティー支払いについて触れたのち、両社の幹部からお互いの協力関係がモバイル分野のイノベーションを促進すること、またWindows Phoneの劇的な成長に期待といったコメントを紹介するだけの簡潔な内容です。しかし特許や法律を扱うマイクロソフトの公式Blogでは、上記の各Android OEMとのライセンス契約を列挙したうえで、HTCとサムスンは米国Android市場の半分以上を占める、米国の大手Android端末メーカーで「ライセンスなし」で商売をしているのは現在MSと係争中のモトローラしかないと延べ、Android 陣営とGoogleに対してプレッシャーを加えています。

特にGoogleに対しては、特許がソフトウェアイノベーションとAndroidに対して悪影響を与えかねないとして抗議する者がGoogleを筆頭に存在するが、今日の発表こそ、この分野の知財問題を解決する道を明確に示しているのだ、と名指しのメッセージつき。

Googleはマイクロソフトやアップルに対抗すべく特許ポートフォリオの強化に奔走しており、モトローラ (Motorola Mobility) の買収に際しても、HTCやLGから「Androidコミュニティとパートナーを守るGoogleの取り組みを評価する」といったコメントを集めていました。マイクロソフトとしては、今回の「サムスンがAndroid端末を売るたびにマイクロソフトにロイヤリティーを支払う」発表を通じて、Android陣営に対してGoogleの手助けだけで本当に大丈夫か?とさらに揺さぶりをかけたい構えです。

Microsoft and Samsung Broaden Smartphone Partnership

REDMOND, Wash - Sept. 28, 2011 - Microsoft announced today that it has signed a definitive agreement with Samsung Electronics Co. Ltd., to cross-license the patent portfolios of both companies, providing broad coverage for each company's products. Under the terms of the agreement, Microsoft will receive royalties for Samsung's mobile phones and tablets running the Android mobile platform. In addition, the companies agreed to cooperate in the development and marketing of Windows Phone.

"Microsoft and Samsung see the opportunity for dramatic growth in Windows Phone and we're investing to make that a reality," said Andy Lees, president, Windows Phone Division, Microsoft. "Microsoft believes in a model where all our partners can grow and profit based on our platform."

"Through the cross-licensing of our respective patent portfolios, Samsung and Microsoft can continue to bring the latest innovations to the mobile industry," said Dr. Won-Pyo Hong, executive vice president of global product strategy at Samsung's mobile communication division. "We are pleased to build upon our long history of working together to open a new chapter of collaboration beginning with our Windows Phone "Mango" launch this fall."

Founded in 1975, Microsoft (Nasdaq "MSFT") is the worldwide leader in software, services and solutions that help people and businesses realize their full potential.





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

171シェア
0
137
0
34

Sponsored Contents