Sponsored Contents

appleの最新記事

Image credit:
Save

アップル、初代 iPod nano を交換対応へ。ウェブから申請可能

Haruka Ueda
2011年11月14日, 午後03:00 in Apple
262シェア
0
209
0
53

連載

注目記事

人気記事

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

「IQOS使用による周囲の人への悪影響はなし」とフィリップ・モリスが発表

View
ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中
12

ソニーEマウント対応の35mmフィルムカメラを個人が開発。少量販売後、オープンソース化も計画中

View

初代 iPod nano といえば「ごく稀に」「バッテリーが過熱して安全上の問題を引き起こす可能性がある」(アップル社の見解)、あるいは「加熱・燃損」といった「重大製品事故が多数発生している」(経済産業省発表)ことで知られる製品ですが、ついにその問題製品について、アップルが交換対応をはじめました。おさらいすると、初代 iPod nano とは、遡ること 2005年9月から2006年12月にかけて販売された、細長いタイプの製品。ワールドワイドでリコールなどが実施されるなか、日本では経済産業省との心温まるやりとり(その1その2その3)の中で「燃えたら対処する」「過熱を感じたらバッテリを交換する」「過熱を感じたら本体の交換手続きを行う」と段階的に対応を拡大させていましたが、ここへ来てようやく、

iPod nano (1st generation) をお持ちのお客様は使用を中止し、下記の要領で交換手続きをされることをおすすめいたします。

とアップル自身が使用中止と交換を訴えるまでに至りました。もっとも、

この問題は、製造上の欠陥があるバッテリーを生産した特定のバッテリーメーカーに原因があることがわかっています。実際に過熱事故が発生する可能性はきわめて低いとはいえ、バッテリーの経年に伴ってその可能性は高くなります。

と、原因が外部のバッテリーメーカーにあることと、加熱の可能性が「きわめて低い」と弁明することは忘れていません(まあアップルはファブレスなので、どのような製品上の欠陥も外部メーカーの原因にできるかもしれませんが)。交換手続きはリンク先のウェブページから申請可能。郵送後、交換品が届くまで、6週間ほどかかるとのことです。
Source: Apple
関連キーワード: apple, ipod, ipod nano, IpodNano, trouble
262シェア
0
209
0
53

Sponsored Contents