Sponsored Contents

cesの最新記事

Image credit:
Save

速報:PC用 Kinect は日本含む12か国で2月1日発売、通常250ドル・教育向け150ドル

Ittousai, @Ittousai_ej
2012年1月10日, 午後01:24 in Ces
315シェア
0
274
0
41

連載

注目記事

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

消費者版Google+がサービス終了。「あまり使われなかったから」と最大50万人の個人情報流出の恐れあるバグのため

View

マイクロソフトのCES 2012 基調講演より。バルマーCEOが、Kinect for Windows は2月1日に登場することを明らかにしました。Xbox 360のモーション操作ゲーム向けに導入された Kinect ですが、従来は高価な装置が必要だった高度な奥行きセンサーやヘッドセット不要のマイクアレイ、RGBカメラといった複数のセンサーを安価に提供したことから、ゲーム以外の分野でもさまざまな応用が進みつつあります。

マイクロソフトはこの現象を Kinect Effect と呼び、開発者向けにWindows 用のKinect API を提供するほか、Kinect 活用スタートアップの支援策 Kinect アクセラレータ を実施するなど、Kinect を使った Natural User Interface (NUI) を大真面目に推進する姿勢を見せています。Kinect for Windows ハードウェアの発売もその一環。

Kinect for Windows は日本を含む12か国で、2月1日から販売予定。価格は250ドル、後日用意される教育ユーザー価格では150ドル。Xbox 360 では4GB本体と Kinect セットで2万9800円、Kinect 単品+ゲームで1万4800円であることを考えれば割高です。

マイクロソフトはこの点について、Xbox 360用は後からゲームを買ってくれることで回収する価格設定になっていること、PC版ではさまざまなハードウェアとの互換性を保証すること、また開発者向けのAPIや利用者向けのランタイムなどソフトウェアは無償で提供し、今後も定期的なアップデートを実施する「ハードウェアだけ」モデルを選択したことなどを理由として挙げています。Kinect for Windows に提供されるソフトウェア的なカスタマイズとして挙げられているのは、50cmから正確なトラッキングが可能になる " Near Mode " など。
315シェア
0
274
0
41

Sponsored Contents