Sponsored Contents

3dの最新記事

Image credit:
Save

ニンテンドー3DS「3D写真コンテスト」本日開始、審査員は林家ぺー・パー子夫妻

Ittousai, @Ittousai_ej
2012年1月18日, 午後05:01 in 3D
103シェア
0
90
0
13

連載

注目記事

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

Netflix「ライバルはフォートナイト。すでに負けている」と発言。TV画面の奪い合い激化

View


任天堂がニンテンドー3DSを使った「3D写真コンテスト」を開始しました。お題に沿って3DSで3D写真を撮影し、サイトに投稿すると優秀作には景品がもらえるという企画。投稿はニンテンドー3DSからのみ、3DSで撮影した写真のみ受け付けており、なにか高額な機器を使って撮った3D写真やCGは登録できません(偽装でもしないかぎりは)。投稿された写真は誰でも、3DSやPCのブラウザから閲覧可能。3DSのブラウザで見た場合は3Dで表示されます。

コンテストは1か月ごとにテーマを変え、計3回開催される予定。第1回の「3Dにしたらおもしろくなりました」は18日から2月14日まで投稿を受けつけ、2月24日に入選作が発表されます。審査員は林家ぺー・パー子夫妻。賞と景品は、任天堂が選ぶ「入選賞」(カテゴリー賞、グッドタイトル賞)が各回130名で計390名 (景品はマリオが3DSを抱えて持つ「マリオのニンテンドー3DSホルダー」)、林家ぺー・パー子賞 が各回10名の計30名 (任天堂発売の3DSソフト一本、特製紙ケース入り)、参加賞が一度でも参加した人から抽選で計1000名 (オリジナルデザインのニンテンドーポイント プリペイドカード1000円)。

3DSからは、リンク先に載っているQRコードをスキャンしてコンテストサイトを開けます。ウェブブラウザでの閲覧はシンプルなサイト構成もあって特に不便ではありませんが、せっかく専用機なのだから画面遷移でいちいち確認しない専用アプリも欲しいところです。

103シェア
0
90
0
13

Sponsored Contents