Sponsored Contents

amazonの最新記事

Image credit:
Save

B&N、書店でアマゾン書籍の取り扱いを中止へ

Haruka Ueda
2012年2月2日, 午後09:00 in Amazon
181シェア
0
142
0
39

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

全米で700以上の書店(と、それに近い数の大学内書店)を運営する米国一の書店チェーン Barnes & Noble が、アマゾンの出版する紙書籍の取り扱いを中止します。そもそも話から始めると、オンライン書店業からはじまったアマゾンは、電子書籍端末 Kindle の発表以降、インディペンデント向けの電子出版サービスを開始したり、大物出版エージェントを獲得して Kindle 向け独占タイトルを揃えたり、あるいは出版社そのものを買収したりと、徐々に出版業を拡大してきました。このため、アマゾン傘下のレーベルで出版された紙書籍が一般の書店に並ぶことになるという、なんともねじれた現象が発生しています。

B&N の決断は、このアマゾン紙書籍を自分たちの店舗では売らない、というもの。アマゾンが Kindle 向けに独占コンテンツを揃えるということは、B&N の電子書籍サービス Nook では手に入らない電子書籍が増えるということでもあり、「アマゾンのやりかたは業界全体をむしばむもので、多くの消費者がコンテンツにアクセスできないようにしている」というのが彼らの主張です。Kindle でコンテンツを独占するくせに、紙書籍は他店舗にも並べようというのなら、意趣返しでアマゾン本の取り扱いをやめてやる、というわけ。アマゾンが独占戦略を改めるとは思いませんが、電子書籍は Kindle 限定、書籍はどの本屋でも売れる......と思い描いていた出版社やエージェントは、アマゾンとの契約を見直すかもしれません。

自社プラットフォームのために独占コンテンツを揃える、ライバル社のコンテンツは自社プラットフォームから排除する、というのはゲームや映画など、コンテンツ業界全般としてはよくある話です。ただし、本をその同列に語って良いのかというのは難しい問題です。また見た目を変えれば、Kindle 向け独占コンテンツは、Kindle 2 登場時のスティーヴン・キング作品など以前からあったのに、いよいよ無視できない規模になってきたということかもしれません。なおトリビアとして、アマゾンの紙書籍は B&N のオンライン書店 BN.com からは引き続き注文できます。
Source: NY Times
関連キーワード: amazon, barnes and noble, BarnesAndNoble, kindle, nook
181シェア
0
142
0
39

Sponsored Contents