Sponsored Contents

androidの最新記事

Image credit:
Save

VIA の49ドル Android PCボード APC が予約で完売、店頭売りも準備中

Ittousai, @Ittousai_ej
2012年6月12日, 午後10:11 in Android
205シェア
0
146
0
59

連載

注目記事

VIA がAndroid ミニPCこと APC の予約販売を開始しました。が、先月の発表時に受け付けていたお知らせメールの登録者が殺到したらしく、ひとり2台限定にもかかわらず、数時間で初期出荷分は売り切れています。

VIA APC 8750 はNeo-ITX規格マザーボードにARMベースのVIA WonderMedia プロセッサ、512MB RAM や2GB NANDフラッシュを載せ、HDMI出力やUSBポートなど各種I/Oを備えたシングルボードコンピュータ。OSにはキーボードとマウス操作を前提にPCライクなカスタマイズを施したAndroidをプリインストールします。

コンピューティングの舞台がネット上に移ったいまではローカルに高価なCPUや複雑なアプリを持つ必要はない、との哲学で設計されており、消費電力は最大で13.5WのACアダプタ駆動、フットプリントは170 x 85mm、さらに価格は49ドルとスリムな点が特徴です。

また Raspberry Pi や各種USBスティック型「PC」などに対しては、Mini-ITX / MicroATX互換のミニPCケースなどがそのまま使えること、フルサイズUSB 2.0 x4 や有線LAN、microSDなど豊富な I / O が差別化要素に挙げられます。

VIAによると、APCの出荷は7月早期の予定。また「すべての主要市場」の流通パートナーと協力して、小売店の店頭でAPCが購入できるよう作業を進めているとのこと。ARMベースのミニコンピュータには型落ちの携帯電話にも劣る仕様で「PC」を名のることに背伸びを感じる製品もありますが、APCは外見ならば歴然と「PCマザーボード」の風情です。続きは公式プロモと基板のアップ写真。







情報提供について
Engadget 日本版へのスクープ等の情報提供を希望される方は、こちらのフォームよりお知らせ下さい。内容を確認し、場合によっては編集部よりご連絡差し上げます。

広告掲載のお問い合わせ
広告についてのお問い合わせは、こちらのページをご覧ください。

Source: VIA
205シェア
0
146
0
59

Sponsored Contents