Sponsored Contents

all-in-oneの最新記事

Image credit:
Save

HPから世界初のバッテリー駆動A4複合機 Officejet 150、重量 3.1kg

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2012年6月21日, 午後09:13 in All-In-One
96シェア
0
96
0

連載

注目記事

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

HomePodレビュー。Apple MusicとSiriが家に来るスマート高音質スピーカー

Ittousai, 8月13日
View
HP がモバイル用途を想定したバッテリー搭載のA4インクジェット複合機 Officejet 150 を発表しました。発表文によると、モバイル対応でプリント/スキャン/コピー機能を持つ複合機は世界初とのこと。本体上面には操作用の2.36型タッチスクリーンを備え、スキャンには1枚単位ながらADFも装備。据え置き型に近い雰囲気も持っています。発売は7月下旬の予定で、直販価格は3万6960円。

基本的な機能は、A4サイズまでのプリント、600 x 600 dpi のスキャナ、A4 コピー。印刷性能は A4 モノクロで最大5枚/分。カラーで3.5枚/分。標準インクカートリッジは、黒の顔料と3色の染料からなる4色構成で、印刷枚数は約560枚。フォト用に6色構成にもできます。データ転送は PC接続用のUSB、PictBridge 対応のUSB、SDHC / MMC スロット、ワイヤレスプリント用のBluetooth2.0 + EDR。WiFiには対応しません。大きさは17 x 35 x 9cm、重さ3.1kg。対応OSは WindowsXP SP2 以降および Mac OS X。

標準搭載のバッテリーでは、A4モノクロで約500枚の印刷が可能。フル充電時間は約3時間。ACアダプタはHPのノートPC用のものと互換性があるので、HPユーザーなら手荷物の削減効果も得られます。また、モバイル用途だけでなく、この夏あたりに急な停電が起こるかもしれない地域でも、バッテリ搭載の恩恵を受けられるかもしれません。



「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

96シェア
0
96
0

Sponsored Contents