Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

キングジムのデジタル名刺ホルダ『ピットレック』に新モデル、名刺交換やQRコード化に対応

Ittousai, @Ittousai_ej
2012年8月7日, 午前11:37
66シェア
0
66,"likes":0
0

連載

注目記事

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待
12

1億画素超えカメラ搭載スマホ、シャオミ「Mi Note 10」のグローバル版を試す。日本での発売に期待

View

キングジムが「デジタル名刺ホルダー」製品 ピットレックの2代目モデル DNH11 を発表しました。2010年に初代が登場したピットレックは、ボタンひとつで名刺を画像データとして取り込み、テキスト認識(OCR)による管理まで1台で完結するユニークな製品。

新製品のDNH11では3.5インチ液晶パネルが高精細なWVGA (800 x 480)になり文字が読みやすくなりました (初代は 400 x 240)。加えてピットレックどうしを近づけてデータ通信で名刺が交換できるデジタル名刺交換、名刺情報のQRコード出力といった新機能に対応します。

Gallery: キングジム『ピットレック』DNH11 デジタル名刺ホルダー | 5 Photos

5



また従来は会社名と氏名だけだったOCR項目が、部署や肩書き、住所、電話番号、メールアドレスやURLなど12項目に増加しました。

本体への名刺データ記録は付属の2GB microSDカードで約7000~8000枚。microSDHC 32GBまで対応し、1ボックス9999枚 x 120ボックスまでの管理に対応します。

ピットレックは小型サイズながら本体のみで取り込みから修正・管理までできるスタンドアロンが売りの製品ですが、DNH11 には PCで名刺データを編集するソフト PITREC on PC 2 も同梱されます。ピットレックとPCはUSBケーブルで接続が可能。カードを取り出してPCのリーダに挿入するといった手間がなくなりました。

本体サイズは初代とほぼ同じ122 x 62 x 13mm (カメラを閉じた状態)。重量は約95g。内蔵リチウムイオンバッテリーで約3.5時間駆動します。

発売は2012年9月14日、メーカー希望小売価格は2万7300円。キングジムによれば初年度の販売目標は3万台とのこと。


広告掲載についてのお問い合わせは ad-sales@verizonmedia.com までお知らせください。各種データなどは こちら のメディアガイドをあわせてご覧ください。

66シェア
0
66,"likes":0
0

Sponsored Contents