Sponsored Contents

Displayの最新記事

Image credit:
Save

ナナオの液晶モニタ FlexScan に疲れ目軽減や省エネを強化したEV シリーズ 5機種

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2012年8月8日, 午前11:49 in Display
46シェア
0
46
0

連載

注目記事

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

折り畳めてとっても軽い!1万2000円の小型ジンバル「VLOG Pocket」はYouTuber入門におすすめ(小彩 楓)

小彩 楓, 11月17日
View
世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
ナナオが液晶ディスプレイ FlexScan の新機種 EVシリーズを発表しました。特徴は「疲れ目の緩和」と「無理なく節電」の2点。ラインナップは 27型 2560 x 1440 の EV2736W-FS (IPS液晶)、24.1型 1920 x 1200 の EV2436W-FS (IPS液晶) と EV2416W-TS (TN液晶)、23型 1920 x 1080 の EV2336W-FS (IPS液晶) および EV2316W-TS(TN液晶)の5機種です。

疲れ目の緩和には、2種類の調光方式を自動的に切り替えてバックライトのちらつきを抑える「EyeCare 調光方式」を採用します。LEDの明るさ制御といえばLEDを高速に点滅させるPWM(パルス幅変調)方式が一般的ですが、人によっては、この点滅を認識してしまいちらつきを感じることがありました。

このため「EyeCare 調光方式」では、電流制御によって明るさを制御するDC調光方式もあわせて使用します。DC調光方式は原理的にちらつきが発生しない一方で輝度を低くすることが難しいため、「EyeCare 調光」は高輝度ではDC調光、低輝度ではPWM方式にそれぞれ切り替えて動作する仕組みになっています。

省エネ機能としては、自動的に輝度を調整する「Auto Eco View」、映像の視認性を保持しながら輝度を抑制する「Eco View Optimizer」、ユーザーが離れると自動的に電源をOFFし、戻るとONする「Eco View Sense」などを搭載しています。
 


最上位機種 EV2736W-FS の主な仕様は、解像度 2560 x 1440 (WQHD)、輝度 300cd/m2、コントラスト比 1000:1、中間色応答速度は6ms、色数は最大約1677万色。視野角は垂直・水平ともに178度です。

入力系統は DisplayPort x1、DVI-Dx1 (いずれもHDCP対応)。音声は内蔵スピーカーが1W x2、ステレオミニジャック入力x1、イヤホンジャック出力x1。USB2.0アップx1およびダウンx2、スタンドは高さ調節145mm、チルトは上30度、スウィベル 344度。大きさは最大で640x544.5x245.5mm。重さはスタンド含めて約10kg、ディスプレイ部のみで約7.3kg。最大消費電力67W、待機時消費電力0.5W以下。色はブラックとセレーングレイの2色が用意されます。

EIZOダイレクトの直販価格と発売日は、最上位の EV2736W-FSが8万9800円で10月31日発売。24インチは IPS液晶の EV2436W-FSが 5万4800円、TN液晶の EV2416W-TSが4万2800円でそれぞれ8月22日発売。23インチはIPSの EV2336W-FSが3万7800円、TNの EV2316W-TSが3万2800円でそれぞれ9月14日発売です。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: EIZO
関連キーワード: Display, eizo, ips, monitor
46シェア
0
46
0

Sponsored Contents