Sponsored Contents

ascendの最新記事

Image credit:
Save

Huawei Ascend D2 発表。5型フルHDに4コアK3V2、防水のフラッグシップ端末 (実機写真&動画)

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年1月10日, 午後08:47 in Ascend
88シェア
0
88
0

連載

注目記事

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

iPhone 11 / Pro / Maxレビュー。「11以降」と旧型を分ける超広角カメラ標準化とAR・機械学習の関係

Ittousai, 9月20日
View

長らくうわさやリークが続いた「ファーウェイの5インチ携帯」こと Ascend D2 が正式発表を迎えました。Ascend D2 は、5インチ1920 x 1080 液晶にクアッドCPUコアプロセッサを搭載した Ascend シリーズのフラッグシップ端末。13メガピクセルの裏面照射型センサとHDR撮影対応カメラも含めて、各社からほぼ出揃った感のある「5インチ4コア組」Androidスマートフォンの一員です。

5インチ4コア組の多くが Snapdragon S4 Pro プロセッサを採用するのに対して、Ascend D2 はHuawei 内製 (子会社 Hisilicon製) の K3V2 を搭載します (ARM Cortex-A9、4コア1.5GHz、GPU 16コア)。また同日に発表された5インチ仲間ソニー Xperia Z と同様の防水防塵仕様。 (ただし仕様表では、Xperia Z は「一定時間静水中に沈めても浸水しない」のIPX7もあり。Ascend D2 は「全方向からの強い噴流に耐える」IPX5)。

Gallery: Huawei Ascend D2 実機 (CES 2013) | 19 Photos

19


主な仕様は 5インチ1920 x 1080 Super Retina 液晶、K3V2プロセッサ (4コア1.5GHz Cortex-A9)、2GB RAM、32GBストレージ。802.11a/b/g/n WiFi、Bluetooth 4.0、背面13MP 裏面照射型センサカメラ、前面1.3MPカメラなど。OS は Android 4.1。今回発表のモデルでは、LTEには対応しません。

本体サイズは 140 x 71 x 9.4mm、重さ約170g。特に一騎打ちのライバルというわけでもなく同日発表の縁で例に出すと、Xperia Z の 139 x 71 x 7.9mm 146gと縦横ほぼ同じで1.5mmほど厚め、24g重め。

ただしバッテリーはXperia Z の 2330mAh に対して、Ascend D2 は3000mAh を載せています。両端末で中身も違い両社それぞれの省電力機能を載せているためこのまま駆動時間の差にはなりませんが、5インチ組といってもそれぞれに違いはあるものです。


そのほかファーウェイが売りにする機能は、1.5mの範囲でスピーカーフォンとして使えるスーパーハンズフリー、「他のスマートフォン」と同じ電源なら30%少ない時間で充電完了する急速充電、Dolby Surround 対応など。

Ascend D2 は今月中に本国の中国で発売されたのち、日本を含む各国で販売予定。Ascend D2 は同じ名前で4.7インチ画面のモデルも予告されており、各国各地域で微妙な仕様違いが登場する見込みです。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Huawei
88シェア
0
88
0

Sponsored Contents