Sponsored Contents

lcdの最新記事

Image credit:
Save

シャープがサムスンとの資本提携を正式発表、出資104億円を受け入れ

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年3月6日, 午後04:15 in Lcd
53シェア
0
0
0
53

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

お約束の「一部報道は〜当社が発表したものではありません」を経て、シャープがサムスンとの資本提携を正式に発表しました。サムスン電子ジャパンを割当先とした第三者割当による新株式を発行し、金額で約104億円、新株発行後の議決権にして3.08%分の出資を受けます。


なぜかテキストの画像貼り付けでコピペできないシャープ発表文によれば、増資の目的は「液晶事業分野における当社とサムスン電子の企業価値の向上に向け、両社の信頼関係を構築するとともに、当社の自己資本を増強すること」。

資本提携により従来からの協業関係を強化し、テレビ向けの大型からモバイル向けの中小型まで、液晶パネルを「長期的、安定的かつタイムリーに」供給するとしています。

資金の具体的な使い道は、「液晶ディスプレイの高精細化のための新技術導入」が69億円、「タブレット端末や高精細ノートパソコンといったモバイル機器関連の液晶製造設備の合理化等に係る投資等」が32億3400万円。

サムスンは今回の出資でシャープの総発行株式の3.04%を取得することになり、三菱東京UFJ銀行(3.54%)に次ぐ5位の大株主となります。なお、シャープに対して二次に分けて最大99億円を出資するQualcommは、昨年12月に実施された第一次分の出資のみを計算して7位の2.56%(サムスンの出資後)。こちらはQualcomm子会社 Pixtronix の持つ MEMSディスプレイの技術とシャープのIGZO技術を統合して、次世代 MEMSディスプレイを開発するための資金でした。

Source: Sharp
関連キーワード: lcd, samsung, sharp
53シェア
0
0
0
53

Sponsored Contents