Sponsored Contents

googleの最新記事

Image credit:
Save

Google、「何かあったとき」用の時限式ユーザーデータ消去・共有オプションを提供

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年4月12日, 午前09:48 in Google
278シェア
0
1
0
277

連載

注目記事



Google が新しいアカウント管理機能「Inactive Account Manager」の提供を開始しました。Inactive Account Manager はアカウントに一定期間アクセスがなかった場合、時限式で特定のアドレスへ通知したり、オプションでメールログや写真などユーザーコンテンツの削除や共有を設定できる機能。

ユーザーがなんらかの理由で Google アカウントにアクセスできなくなったときのために、あらかじめ設定しておいたようにアカウントや個人情報を処理してくれる、いわば遺言執行のようなサービスです。



具体的な使いかたは、まず3か月・6か月・1年など、トリガーとなる不在期間を設定します。経過後のアクションとして選択できるのは、たとえば家族や友人など、特定の「Trusted Contacts」への通知。ここでは Gamil や Google+、Picasa フォトアルバムなどのコンテンツを共有することもできます。

また別のオプションとして用意されるのは、ユーザーコンテンツの完全な消去。いずれの場合でも、設定した期日の1か月前から「このままアクセスしないと、何かあったと見なして執行します」警告が、携帯電話のSMSや連絡用メールアドレスに送られます。

要は「万が一のことがあったら自宅のXXを燃やしてくれ。中身は見ないで」のデジタル版です。ローカルデータについては自前で暗号化なりの対策をするしかありませんが、Googleの遺言執行で Drive上に「自宅のアレとアレの処分法」文書を遺して信頼できる相手に見せれば良いかもしれません。なお、Inactive Account Manager は現時点で日本向けには提供されていません。



(新着記事一覧)



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

278シェア
0
1
0
277

Sponsored Contents