Sponsored Contents

educationの最新記事

Image credit:
Save

教育版LEGO MindStorms 体験記:最新版EV3、初心者でも簡単プログラミング(動画付き)

Go Tsuneyama
2013年5月1日, 午前09:00 in Education
223シェア
0
3
0
220

連載

注目記事

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

SIMハイジャック犯、仮想通貨アカウントから数十万ドルを強奪。2要素認証を悪用?

View

世界中で清く正しいギーク養成ツールとして認められている「LEGO Mindstorms」。そのEducation版の最新版「教育版レゴマインドストーム EV3」が2013年9月に発売になります。発売に先立ち、日本での販売代理店であるアフレルがメディア向け体験会を開催しました。

歴代マインドストーム

Mindstormsは1998年に初代「RCX」が登場し、現行品の「NXT」は2006年の発売。日本国内では、学習指導要領の「技術・家庭(技術分野)」が2011年の改訂で「プログラムによる計測・制御」についての指導が盛り込まれたこともあり、多くの教育機関で導入が進んでいます。特に高専では「教育版レゴマインドストーム」の導入率は100%(!)全国51の高専すべてで採用しているとのこと。高専出身者ホイホイとしての効能も期待できます。

今回の体験会では、講師のレクチャーを受けながら「EV3」を制御するプログラム作りを学びました。「EV3」の本体にあたる「インテリジェントブロック」だけで、プログラミングとデータロギングも可能ですが、専用ソフトを使うと、GUIによるアイコン操作とメニュー選択・数値入力でプログラム作成ができます。

アイコンをドラッグアンドドロップでつなぎ替えれば、順次処理も並行処理も簡単作成。分岐の条件や、モーターなどの出力数値、センサーからの測定結果に対する処理の設定など、ちょいちょいと選択肢をいじるだけで、EV3を動かすプログラムのできあがり。作成した動作プログラムは、PCとEV3とをUSBケーブルで接続し、PCから送信ボタンを押すとEV3本体に記録されます。あとは、EV3のディスプレーを見ながら、メニューを選択し保存されたプログラムをクリック。これで、先ほどPCで作成したプログラム通りに、EV3が動いてくれるわけです。

思い通りに動かなかったら、プログラムアイコンを修正して、すぐに再テスト。「プログラムの作成」「動作検証」「フィードバック」「再検証」「完成」という、お金が絡むとやたらと遠くなる道のりを、手軽に楽しく世知辛さを感じずに体験できる教材となっています。大学や企業でも、開発のチームワーキングやシステム開発プロセスを学ぶ教材として採用しているそうです。

体験中に目を引いたのがEV3本体のモニター。各種センサーの入力値を可視化できるので、例えばタッチセンサーだと、平常時は「0」、センサーが反応すると「1」になります(以下2つの写真は上が平常時、下が反応時)。

カラーセンサーでは白(=反射光の光度が高い)は数値が高く、黒だと低く出ます(こちらも上が白、下が黒に反応した写真)。

理屈では分かりますが、数値だけの説明では分かりにくい情報処理の段取りがリアルタイムで目視できるので格段に分かりやすいです。設定数値と動作との関連がスッと理解できるのが長所です。

そして、今回作ったプログラムはこちら(画像は開発中のもの)。

これを「EV3」へ送信し、動かしたのが以下の動画。

初めてのプログラム作成にもかかわらず、無事に黒いラインをトレースしてくれました。

思い通りに動かせるガジェットを目の前にすると、すべての男性は"男児"と化すのが世の常。「詳しいことは分からんばってん」と思っていた筆者(生後422カ月の男児)も思わず、光センサーの値に応じて曲がる角度を微調整し続けるような、ちまちまとしたチューニングに励んだり、生後600カ月前後と見られる男児が、速度そっちのけでBEEP音による演奏機能を探究して走行中に音を鳴らしたり、生後360カ月ごろとおぼしき男児が「直線で加速、曲線で減速」などといった細かなプログラム作りに励むなど、中学校の技術室さながらの様相を呈していました。ご家庭での購入は、適齢期男児用と後期適齢期男児用の2つ用意するのがよろしかろうと思われます。

9月発売に向けて、一般の人も参加可能な体験会「アフレル EV3 キャラバン100」を全国各地で開催予定。今年5月から7月にかけて、100カ所で開催するとのこと。開催日と場所の一覧はEV3特設サイトでご確認ください。東京では、5月11日に秋葉原の「アキバNET館」で開催予定です。自分の手で触ってみないと納得しないワガママ盛りの男児は、足を運んでみることをお勧めします。

Source: Afrel
関連キーワード: education, LEGO, mindstorms, programming, Robots
223シェア
0
3
0
220

Sponsored Contents