Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

ソニーから13.3型「デジタルペーパー」端末、タッチ&ペン対応で約358g

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年5月13日, 午前11:50 in Digital Paper
248シェア
0
0
0
248

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View

ソニーが13.3インチで E Ink フレキシブル電子ペーパーを使った「デジタルペーパー」端末の試作機を公開しました。光学式タッチと電磁誘導ペン入力に対応し、教育やビジネス市場での「紙のデジタル化」を狙う端末です。




ディスプレイの解像度は 1200 x 1600、表示は16階調のグレースケール。電子ペーパーにはE Ink の E Ink Mobiusを採用します。

紙の置き換えをうたうだけあって、本体の厚さ 6.8mm (ディスプレイ部 4.8mm)と薄く、ほぼA4サイズながら358gと軽量なことも特徴。

ファイルフォーマットは PDF (PDF 1.7準拠)に対応。また 802.11b/g/n WiFi を搭載することで、教材や書類の配布 / 配信から参照、書込み、保存、共有までが可能な「デジタルペーパーソリューション」を実現するとしています。

そのほかの試作品仕様は約4GB内蔵ストレージ、microSDスロット、マイクロUSB端子など。バッテリーは内蔵リチウムイオン充電池で最長3週間駆動。

(なお「最長3週間駆動」の条件は、「WiFi機能を無効にし、毎日1時間テキストのPDFを閲覧。うち5分間手書きした場合」。座学はあまりしない学校のようです。)

ソニーでは2013年度後期から早稲田大学・立命館大学・法政大学とともに教育分野におけるデジタルペーパーソリューションの実証実験を実施するほか、デジタルペーパー端末の2013年度内の商品化を目指すとしています。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: Sony
関連キーワード: digital paper, DigitalPaper, e ink, EInk, sony
248シェア
0
0
0
248

Sponsored Contents