Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

Googleの未発表「メディアプレーヤ」がFCC入り、型番は「究極の回答」的なあれ

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年5月20日, 午後06:36 in 42
0シェア
0
0
0

連載

注目記事

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

世界初の完全分離骨伝導イヤホン「earsopen PEACE」でネクストレベルの「ながら聴き」を体感

View
AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

AirPods Pro実機をソニーのWF-1000XM3と比較 ノイズキャンセリングの決定版は?(追記)

矢崎 飛鳥, 10月29日
View


米国FCCのデータベースから、Google ブランドの未発表デバイスが見つかりました。名称は " H840 DEVICE "、モデル名 / 番号は " H2G2-42 "。

外観や内部の写真をはじめ多くの部分が非開示になっているため、分かるのは 802.11b/g/n WiFi に対応すること、主な機能が「メディアプレーヤ」であることくらい。




Google のメディアプレーヤといえば、昨年「クラウドコンテンツを再生するソーシャルストリーミングデバイス」なるふれこみで発表された Nexus Q がありました。が、Nexus球は Google みずから「時期尚早」として本格展開の延期を宣言しており、先行予約者にのみ無料で配られただけでほぼなかったような扱いになっています。

この H2G2 が 新生 Nexus Q なのか、なにか全く別のものなのかはまだ不明。ただし Google は 定額制音楽サービス Google Play Music : All Access を米国で開始するなど引き続き Google Play コンテンツビジネスには注力しており、黒い球状かは別ともかく、自前ハードウェアの展開はあっても不思議ではありません。

なお型番「H2G2-42」の前半は、映画にもなった「銀河ヒッチハイクガイド (The Hitchhiker's Guide to the Galaxy)」の略称。42は劇中で明らかにされる、「生命・宇宙・万物についての究極の疑問」への答え (訳が分からなくて大丈夫です)。そういえば劇中にも、かなり大きめの球体コンピュータが登場していました。



こちらは昨年の Nexus Q プロモ動画。




「TechCrunch Tokyo 2019」11月14日、15日に開催



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

関連キーワード: 42, Google, h2g2, h2g2-42, Nexus Q, NexusQ
0シェア
0
0
0

Sponsored Contents