Sponsored Contents

最新記事

Image credit:
Save

キングジムからバッテリー内蔵ノートカバー『バテリオ』、各種ケーブル内蔵

Ittousai, @Ittousai_ej
2013年6月25日, 午前11:56 in Baterio
167シェア
0
0
0
167

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View


『デジアナ文具』を推進するキングジムが、内蔵バッテリーでスマートフォン等を充電できるノートカバー『バテリオ (ノートカバータイプ)』を発表しました。


A5サイズのノートを収められるノートカバーの表紙部分にリチウムイオン電池が組み込まれており、入出力用のケーブル3種も直付けで収納しています。

ケーブルは内蔵充電池の充電用にUSB タイプA、出力(外部給電)用に Micro USB と、iPhoneなどほかの機器用ケーブルを接続するための USB タイプAコネクタ(メス)。またペンや追加のケーブルを収納できるポケットも備えています。

出力は2ポート合計で5V1A、電池容量は3.7V 2400mAh。キングジムでは iPhone 5 を約1.5回充電できる容量としています。バッテリーを含むノートカバー全体の重さは約396g。


カラーバリエーションは黒と小豆色に近い赤の2色、価格は6825円。購入するとA5サイズのショットノート(30枚) が一冊付属します。発売は7月12日。

2400mAhで1A出力は、単体のゴロンとしたモバイルバッテリーに比べれば大きくありませんが、こちらは「いつも持ち歩く」(ことになっている) ノートカバーにそれなりのバッテリーと、各種ケーブルまで一体化している点がポイントのようです。

なお「バテリオ BATERIO」は、キングジムによれば Battery in Organizer を略した造語。製品名が「バテリオ (ノートカバータイプ)」となっていることから、隙あらばもっといろいろな文具にバッテリーを仕込もうと狙っていることが伺えます。




Source: KINGJIM
関連キーワード: baterio, kingjim, mobile battery, MobileBattery
167シェア
0
0
0
167

Sponsored Contents