Sponsored Contents

action camの最新記事

Image credit:
Save

GARMINからANT+対応アクションカメラ VIRB、タフ防水でフルHD 3時間撮影。GPSやWiFi 搭載モデルも

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年8月21日, 午後01:50 in Action Cam
143シェア
0
9
0
134

連載

注目記事



GPSレシーバーなどで知られる GARMIN が、フルHD動画撮影に加えて外部センサー連携など多機能なアクションムービーカメラ VIRB と 上位版 VIRB Elite を発表しました。価格は VIRB が299ドル、 VIRB Elite が399ドル。


GoProContour といった有名どころに加え、 パナソニックソニー など大手も手がけるアクションムービーカメラ。先日も、比較的安価で気軽に楽しめる山善の AMC-12SA(OB) を紹介しました。

この分野に参入するGARMINといえば、GPSレシーバーの老舗と言える存在で、コンシューマー向け製品ではハンドヘルド型のタフネスモデルなどで知られています。今回の VIRB と VIRB Elite もタフネス設計のアクションムービーカメラとなり、両モデルともに30fpsのフルHD動画撮影に対応しています。静止画撮影は16MP。IPX7の防水仕様。



1.4インチの液晶ディスプレイを搭載し、単体での再生確認や設定表示に対応します。内蔵バッテリーは2000mAhとスマートフォン並の容量で、最大で3時間のフルHD撮影が可能。無線通信は、2.4GHz帯のPAN(Personal Area Network)向け省電力通信規格「ANT+」を採用します。ANT+に対応するGPS や心拍計など各種センサと連携するほか、GARMIN製のANT+対応機器からのリモート操作も可能です。


100ドル高いVIRB Elite は 高感度なGPSレシーバーを内蔵するほか、WiFiで AndroidやiOSのアプリを介してスマートフォンと連携し、遠隔操作やプレビューの確認が可能です。今後、動画をスマートフォンに転送する機能も用意される予定。

ストレージは microSD (64GB SDXC対応)。本体にはmicro HDMI出力端子を搭載。PC向けには無料の動画編集ソフトも用意しており、YouTubeやFcebook、Instagramなどにも投稿可能です。

GARMIN VIRB / VIRB Elite ともに、米国では9月から出荷予定。



広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Via: Engadget
Source: GARMIN
143シェア
0
9
0
134

Sponsored Contents