Sponsored Contents

canonの最新記事

Image credit:
Save

キヤノンから60PフルHD動画撮影対応 PowerShot G16登場、 0.1秒高速AFにDIGIC 6搭載

Hiromu Tsuda, @boobyn
2013年8月22日, 午後05:36 in Canon
53シェア
0
0
0
53

連載

注目記事

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)
16

スマホ+リコー「GR III」の併用がもたらす納得感。特別な時以外にも持ち歩きたくなるデジカメの価値(本田雅一)

View


キヤノンは、約0.1秒の高速AFに対応し、最新の画像処理エンジン DIGIC 6 を搭載したコンパクトカメラ PowerShot G16 を発表しました。発売は9月中旬。オープン価格となり、直販サイトでの価格は5万9980円程度。

PowerShot G シリーズに新しい仲間が登場します。 PowerShot G16 は、昨年10月の PowerShot G15 の後継モデルにあたり、約12MP、1/1.7型裏面照射型CMOS、F1.8の光学5倍ズーム対応といった仕様は PowerShot G15 から引き継いでいます。

さらに PowerShot G16 では、メカの制御部分や合焦アルゴリズムの改良により、従来よりもピントが合うまでの速度を短縮。広角側で約41%、AF速度は約0.1秒となりました。撮影タイムラグも約0.13秒に抑えています。

搭載するズームレンズは、35mmフィルム換算で28 - 140mm。撮影最短距離は1cm。3インチの液晶を搭載しており、柔軟な撮影スタイルで5軸手ぶれ補正も備え、60pフルハイビジョン動画撮影にも対応します。WIFiに対応。スマートフォンなどと連携して画像を送信可能。

大きさは108.8×75.9×40.3mmで、重さは約356g。なお、キヤノンでは、コンパクトデジタルカメラのフラッグシップ PowerShot G1 X の販売も継続する計画です。

また、ユニークな機能として、「星空」撮影に対応しています。この機能は、通常撮影の設定が難しいとされる星空の撮影や天体撮影がより手軽に楽しめるというもの。星空は静止画だけでなく、動画撮影にも対応しています。1〜2時間に1回、静止画を撮影し、それを自動的につなぎ合わせて4〜8秒の動画にします。15fpsのフルハイビジョン撮影としてテレビなどにも出力可能です。

訂正:記事初出時、液晶ディスプレイについてバリアングルと記載していましたが、その後の調べで実際には固定式の液晶ディスプレイであることがわかりました。読者ならびに関係者の皆様にお詫びして訂正いたします。いくつか質問をした中で、バリアングル液晶搭載の旧モデルと新モデルの話が混ざってしまいました。





CAREERS TechCrunch Japan
連載:KAKEHASHI取締役CTO海老原氏に聞くスタートアップへの転職


 


広告掲載についてのお問い合わせはad-sales@oath.com までお知らせください。各種データなどはこちらのメディアガイドをあわせてご覧ください。

Source: キヤノン
関連キーワード: canon, powershot
53シェア
0
0
0
53

Sponsored Contents