Sponsored Contents

bluetooth 3.0の最新記事

Image credit:
Save

ソニーからドリンクホルダーに入るBluetoothスピーカーSRS-BTS50、防滴で10時間駆動のアウトドア向け

Munenori Taniguchi, @mu_taniguchi
2013年9月11日, 午後12:56 in Bluetooth 3.0
132シェア
0
2
0
130

連載

注目記事

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

Hue対抗スマート電球がアイリスオーヤマから。無線LAN搭載で3000円台、スマホ接続にハブも不要

View
ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

ROG Phone日本上陸か!? ASUSが11月16日にゲーミングスマホの発表会を開催

View
ソニーが Bluetooth スピーカー「SRS-BTS50」を発表しました。重さは約400gで、リュックや自転車のドリンクホルダーに入れて持ち運べる(※)形状です。また JIS IPX2 相当の防滴仕様で多少の雨にも耐え、アウトドア向けの製品です。(※ ソニー調べ。モノによっては入りませんが。)


本体には 2.5W x 2 のフルレンジスピーカーと、パッシブラジエーターを内蔵。スピーカーを正面に向けて置くと、ひとりでゆっくり音楽を楽しむノーマルモード、スピーカーを上向きにして置けば、サウンドが周囲に広がるように聴こえるサラウンドモードと二通りの聴きかたに対応します。

またライン出力を備えるため、コンポや外部のオーディオシステムに接続してBluetooth レシーバーとしても使用できます。

NFCに対応し、スマートフォンやなどとタッチでペアリングが可能。AAC コーデック搭載により、iPhone などのAAC対応プレーヤーとの組み合わせで高音質な再生が可能です。

そのほか、内蔵マイクによるハンズフリー通話やTV会議などのカンファレンス通話にも対応しています。


便利機能としては、ペアリング操作開始時やバッテリー残量などを音声で知らせる「ボイスフィードバック」機能を搭載し、間違えやすい操作をサポートしてくれます。ボイスフィードバックは日本語のほか英語、フランス語にも対応します。


主な仕様は、Bluetooth3.0、出力 Class 2 (見通し10mまで通信)。プロファイルは A2DP /AVRCP /HFP /HSP /SPP。コーデックは標準のSBC および AAC。SCMS-T 対応でワンセグなどの音声も再生可能です。入出力は 3.5mm ステレオミニジャックのライン入力、同じく 3.5mm ステレオミニのライン出力。

内蔵のバッテリー持続時間は約10時間。充電用の AC アダプターが付属します。

大きさは幅175 x 高さ70 x 奥行65mm。重さ約400g。色はブラック、ホワイト、ピンク、ブルー、レッドの5色。

発売は10月19日。市場推定価格は1万5000円前後です。


※ 人とスピーカーのサイズ比はイメージです。

132シェア
0
2
0
130

Sponsored Contents