Sponsored Contents

Microsoftの最新記事

Image credit:
Save

Windows 8.1は通常版120ドルから。アップグレード版は廃止。Windows 8からは無料更新

Takuro Matsukawa
2013年9月18日, 午後06:36 in Microsoft
94シェア
0
2
0
92

連載

注目記事



米マイクロソフトが Windows 8.1 の価格を発表しました。パッケージ版/ダウンロード版ともに同価格で、Windows 8.1は119.99ドル、Windows 8.1 Proは199.99ドル。なおWindows 8 から8.1へは無料でアップグレード可能です。

Windows 8.1 の販売方法については、従来のようにフル機能版とアップグレード版の2種類ではなく、フル機能版1種類のみの販売となることが特徴です。



マイクロソフトはアップグレード版の廃止について、「アップグレードの際に、使用中のOSとは別のパーティションや仮想環境にインストールしたい」というユーザーの要望に応えるための変更としています。

アップグレード方法については、Windows 7 からの場合はファイルを維持しつつアップグレードできますが、MS Office を含むデスクトップアプリケーションは再インストールが必要です。

なおWindows 8.1は、Windows Vista/XP をプリインストールするPCで動作するよう設計されていないため、Vista/XP からのアップグレードを推奨していません。それでもアップグレードしたいという方へは、パッケージ版を購入し、データやアプリのバックアップを取ってからクリーンインストールするよう呼びかけています。

また2013年末までにWindows 8.1 プリインストールPCを購入したユーザーは、Windows 8.1 Pro Pack を99.99ドルで購入できる権利を得ます。



これは通常版のWindows 8.1 をPro版にアップグレードするパッケージで、TVチューナーの操作やDVDの視聴ができる Windows Media Center も付属します。

またWindows 8.1 Pro のユーザーは、Windows Media Center 単体を9.99ドルで購入することが可能になります。

Windows 8.1 は、ニュージーランドで10月18日(金)のAM00:00から提供開始予定。日本時間では前日17日(木)の20:00にあたります。

ご参考までに、Windows 8 のバージョンによる違いについてはこちらの記事でまとめてあります。

Source: Microsoft
94シェア
0
2
0
92

Sponsored Contents